« 2010年9月28日 | トップページ | 2010年10月8日 »

2010年10月6日

2010年10月 6日 (水)

コーラスガールの1人に釘付け「ザ・コミットメンツ」

バンド映画の傑作との誉れ高い「ザ・コミットメンツ」です。

◆突如としてうまくなるメンバー(笑)
とはいえストーリーに起伏はほとんどなく、曲も全編R&Bの名曲のカバーなので「良くて当たり前」感強し。
加えて「結婚式の酔っ払いシンガーをスカウトしたら、実はすげえボーカルだった」「当初はユニゾンが精一杯だったコーラス隊が、突如として各人がソロを取れるぐらいの実力に」「用心棒から転身したドラマーがなぜか急激に激ウマ(←ここは個人的に爆笑でした)」とか、音楽スキルの描写に関してはツッコミどころ多し。

◆主役は音楽
でも、でも、何といっても素晴らしいのは、曲をないがしろにせず、ちゃんと演奏するところ。
だいたい一般の映画における演奏シーンの扱いなんて、せいぜい2小節程度で切られるのが常。それが、この映画ではひたすら演奏が続きます、見てる方が心配になるくらい(笑)。

調べてみたら、この監督って音楽映画(ピンクフロイドのウォール、フェーム、エビータetc)ばっかり撮ってる人でした。
納得。

◆イメルダ
登場人物は主役も含めてみごとに知らない人ばっかりで、画面的には超地味です。
でも、コーラスガールの1人が極端に美女で、どうしても彼女ばかりを目で追ってしまいます。
IMdbに現在のお姿がありましたが、相変わらずお美しい。
この映画に出演した19年前を想像してみてちょ。

◆演奏曲
音楽が主役の映画ですから、演奏される曲に触れなければ片手落ちというもの。
できるだけ調べてみました(IMdbより)。
黒人音楽に疎い私でも知ってる名曲ばかり。

・リハの場面
Mustang Sally (Wilson Pickett)
Too Many Fish in the Sea (The Marvelettes )
Bye Bye Baby (Mary Wells)

・最初のライブ
Mr.Pitiful (Otis Redding)
Bye Bye Baby (Mary Wells)
Show Me-A Man that's Got a Good Woman(Joe Tex)

・ライブシーン
Take Me to the River (Al Green)
The Dark End of the Street (James Carr)

・ライブシーン
Hard to Handle (Otis Redding)
Mouthful of Lies(Paul Bushnell, Jim Corr, Larry Hogan, Bernard Keelan)
Chain of Fools (Aretha Franklin)

・最後のライブ
Mustang Sally (Wilson Pickett)
I Never Loved a Man (Aretha Franklin)
Try a Little Tenderness (Otis Redding)
In the Midnight Hour (Wilson Pickett)

ウィルソン・ピケットのナンバーが多いのには理由があります。未見の方は映画で確認してください。
それにしてもこれ書いてたら、また観たくなってきたよ。

ザ・コミットメンツ(1991年イギリス・アイルランド)
原題:The Commitments
監督:アラン・パーカー
採点:★★★★☆(5点満点中4点)
ひとこと:ちなみに脚本・製作はのちに「スティルクレイジー」を作るチームだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年9月28日 | トップページ | 2010年10月8日 »