« BECKの制作者に見てほしい「すべてをあなたに」 | トップページ | あらためて「スティル・クレイジー」 »

2010年9月 9日 (木)

「アンヴィル」やっぱ売れないよなぁ・・・

「アンヴィル」はご存知のとおり、超売れないメタルバンドのドキュメンタリーです。
80年代に一瞬だけ脚光を浴びて、その後は鳴かず飛ばず。50歳になった現在は、地元カナダで給食の配食をしながらバンドを続けている、なんてことが紹介されます。

◆豪華メンツのインタビュー
冒頭のインタビューは、ガンズのスラッシュとかメタリカなどの豪華メンツ。
彼らは口々に「アンヴィルがなんで成功しなかったか(←過去形)わからない」と言います。
でもこれはリップサービスだと思う。
売れない理由は映画を見ればなんとなくわかるんです。
それは・・・

◆売れない理由
まずボーカルがヘボいから。
そして詞も曲も全然良くないから。
・・・言ってしまった(汗)。

結成時からのオリジナルメンバーはギターボーカルとドラムの2人だけで、残り2人はサポートメンバー。
サポートメンバーは、映画全般にわたってほぼスルー。
オリジナルメンバーの2人を軸にして物語は進みます。
役割的にはドラマーが兄貴分で、ボーカルが弟分。
見ていくうちに、「ドラマーはこの先ブレイクしないことがわかってるんじゃ?」と思えてきます、少なくとも私にはそう見えました。

さらに言うならば、映画が終わっても曲が全然頭に残りません。
やろうと思えば、新曲をアピールする編集もできたはず。
監督は昔ローディーをやってたファンだそうだし。
でも私はわずかに旧作の「♪メタルオンメタル」というリフを覚えてる程度。
だから監督も、こと映画づくりとなると冷静になって、音楽では勝負できないってことをわかってたんじゃないかな。

そりゃあ、突如として3本弦でオールドブルースをやるおじさんがブレイクする世の中だから、100%売れないとは言い切れないけどね。

◆ラウドパークの謎
それにしてもラストの「日本のラウドパークでバカウケ」って何なの?
映画の中ではずいぶん唐突に思えたんだけど、ネットで調べてみるとそこそこ真実のようだし。
でも何で?

アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち(2009年アメリカ)
原題:Anvil! The Story of Anvil
監督:サーシャ・ガヴァシ
採点:★★★☆☆(5点満点中3点)
ひとこと:ドキュメンタリーとしては4.5点、曲は1点、。

|
|

« BECKの制作者に見てほしい「すべてをあなたに」 | トップページ | あらためて「スティル・クレイジー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14372/49401755

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンヴィル」やっぱ売れないよなぁ・・・:

« BECKの制作者に見てほしい「すべてをあなたに」 | トップページ | あらためて「スティル・クレイジー」 »