« 「ビー・クール」ロック映画?でも映画として最高 | トップページ | ビル・ナイ見参「パイレーツ・ロック」 »

2010年9月25日 (土)

二度の肩透かし「あの頃ペニーレインと」

◆ビートルズとは関係ナシ
普通このタイトルを聞くと、ビートルズの曲を連想する人も多いと思いますが、全然関係ナシ。
主人公は音楽ライターで、「ペニー・レイン」とは、取材するバンドのグルーピーの名前。DVDジャケットの通り、美人でセクシーだけど、キャストとしては3~4番手ぐらい。

原題は「Almost Famous」。「(このバンドは)ブレイク寸前」みたいなニュアンスのようです。
つまり、主役はあくまでも音楽ライターとバンドの物語。
だとしたら、この邦題はちょっとあざといかもネ。

◆70年代前半のロックバンドのツアー!
とはいえ、舞台は1973年のアメリカ。
ブレイク寸前のバンドの全米ツアーに同行する音楽ライターとグルーピーの話ともなれば、エネルギーが爆発するシーンを期待します。
ホテルの部屋破壊とか、機内の乱交パーティーとか、股間にサメを云々とか(汗)。

ところがビックリするぐらいそんな場面はナシ。
これが第2の肩透かし。
・・・期待してるオレが間違ってる?

◆バンド名について雑な考察
ちなみに架空のバンド名はスティル・ウォーター。
・・・これって「rolling stone ←→ still water」って意味かも、違うかも。

あの頃ペニー・レインと(2005年アメリカ)
原題:Almost Famous
監督:F・キャメロン・クロウ
採点:★★★☆☆(5点満点中3点)
ひとこと:架空バンドの曲がイイのか悪いのかよくわからん。

|
|

« 「ビー・クール」ロック映画?でも映画として最高 | トップページ | ビル・ナイ見参「パイレーツ・ロック」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14372/49560851

この記事へのトラックバック一覧です: 二度の肩透かし「あの頃ペニーレインと」:

« 「ビー・クール」ロック映画?でも映画として最高 | トップページ | ビル・ナイ見参「パイレーツ・ロック」 »