2012.06.09

声優デビュー第2弾

前回に続き今回もひっそりと声優をやっています。
前回はArtmic8neoさんの作品でしたが、今回は自作です、といっても声が出るのはほんの数秒ですが。
お時間のある方は、ぜひラストのクレジットでご確認ください。

※この画面では日本語字幕が小さいので、もしかしたら再生後にあらわれる右下の「YouTube」マークをクリックした方が見やすいかもです。


→【3DCG】イメージは父の部屋に駆け込んで兵士を瞬殺するナウシカ

| | コメント (0)

2010.05.03

POSER8日本語版4月30日発売

ここ1年間のこのブログの最頻出単語、「POSER」のバージョン8日本語版が4月30日に発売になってました。
自分のGoogleアドセンスをうっかりクリックしそうになって気づきました。アホです。

これがあればこんな動画こんな動画がバシバシ(?)作れます。
パッケージを見ると、日本人向けのフィギュア(POSER界隈では成海璃子と噂されている)が用意されているっぽいのですが、真相は不明。
この困り顔がなかなかヨイです。
さあ、今すぐ右のamazonのボックスをクリック!

ちなみに1つ前のバージョン7もまだ売ってますが、中古品をはじめとした外部販売が目につきます。

◆POSER 7をamazonで検索。
ちゃんと調べてないけど、キャンペーン版でも、アップグレードすると高くなっちゃうパターンかもネ。

| | コメント (0)

2010.04.29

マウスでぐりぐり動かせる3D美少女

毎日かかさずチェックしてるサイト「POSER覚書」で、面白いJavaスクリプトが紹介されていたので、自分でも作ってみました。
下の画像をマウスでぐりぐりすると360度回転します。

ちょっと枠がズレてるけどまぁいいや。
実際のVRだと、リアルタイムに演算して画像を描画するのだと思いますが、これは実は角度を10度ずつズラした画像36枚を先に用意して、切り替えてるだけなのです。
超純粋な2D技術ね(笑)。
これをY軸だけじゃなく、X軸でもZ軸でも回転させられる技は、残念ながら現在の私にはありません。
したがってパンツも見えません。

◆作り方はこちら。
ブラウザ上で、画像を360度ぐりぐりぶん回せるJavaスクリプト Reel


→新作ムービーに早くも海外から「泣ける」とのコメントが

| | コメント (3)

2010.04.12

照明に凝ってみた3DCGダンスムービー

強力な照明セットを入手。
さっそくダンスムービーを作ってみました。

実はこの照明セットはDAZスタジオというソフトのプラグインなのです。
DAZスタジオでオリジナルのモーションを作るのはなかなか難しくて、このダンスは全部出来合いのモーションデータを使ってます。
ギターやドラムのデータは自分で作るしかないから、このステージで演奏できるようになるのはまだまだ先のことになりそうだ。
道は遠いぜ。


→ミュージックビデオ「渚にて」

| | コメント (5)

2010.03.25

海外サイトに取材されました

Smithmicroblog_smなんて書くとすごそうに聞こえるけど、POSERを開発してる会社のブログに掲載されただけです。
よくある「ご愛用ユーザー紹介」みたいなやつ。
YouTubeを見たスタッフからメールがあって、簡単なインタビューに答えたものが記事になってます。
内容は大したことないけど、英語なのでカッコよく見える(笑)。
よろしければご笑覧ください。

Music videos starring Poser
Wed, 24 Mar 2010
Have you ever tried a sweet coconut cocktail? Ghid's animated music video made with Poser asked me that question a few months ago. I stumbled upon it one day and sent it around the office. It's refreshing. It's got pretty girls on a beach singing about drinking delicious beverages. What's not to like?


→照明に凝ってみた3DCGダンスムービー

| | コメント (2)

2010.03.04

好き好き!リッケンバッカー

という邦題の曲(?)を作りました。
英語タイトルは「She Loves Rickenbacker」。
手が勝手にポール・マッカートニーを弾くにまかせた短いインストです。
というのも、素晴らしいリッケンバッカー4001のデータを入手したから。
よかったら見てやってください。

データの入手元はこちら→「枡久田精進日記3」
出来が本当に素晴らしくて、もっとも見せたいのはペグがちゃんと可動するチューニングのシーンだったりします。
敬意を込めてリンク&トラックバック。

ライブラリを拝見すると、ゼマティス(!)なんかもあって、創作魂に火をつけてくれます。
ありがたやありがたや。


→YouTubeのスパム被害と対策

| | コメント (6)

2010.02.21

クリエイティブ・コモンズ動画第1号

前エントリでみなさんに著作権侵害相談をした結果、どうやら現時点ではクリエティブ・コモンズが一番無難のようであるとの結論を得ました。
早速CCライセンス動画の1号をアップ。過去のテスト動画の寄せ集めだけどね。

肝心のクリエイティブ・コモンズ・ライセンスですが、サルでもわかる解説がここにありました。
宣言ページもサクっと作成。
今できることはこんなもんかな?


→好き好き!リッケンバッカー

| | コメント (5)

2010.02.13

iPhoneガールズバンド

はじめてCGでオリジナル曲のビデオを作ったのが1年前
おかげさまでなんとかモチベーションが続いてます。
先日iPhoneのCGデータを見つけたので、偽アプリのビデオを作ってみました。
季節はずれもいいとこの映像だけど、たぶんこれは南半球。

といことで1年前と同じくうざい解説。

▼実は特筆すべきシーンその1
1分25秒あたりの「ドリンクの向こう側に透けて見える海と山」。

Sc08c08

くだくだしい説明は省きますが、このシーンのレンダリング(現像みたいなもん)は通常シーンの何倍も時間がかかってます。普通は1コマあたり10秒ぐらいですが、ここは3分ぐらい。
50コマあるんで1.5秒のシーンに2時間半かかってる。
おかげでこのシーンだけ椅子の影がやけにリアル。
無駄な労力の典型(笑)。

▼実は特筆すべきシーンその2
1分38秒「風に舞うスカート」。

Sc08c04

これも含めてボーカルのスカートは全編物理演算してます。
動きが激しすぎたり、風が強すぎたりするとすぐにスカートがくちゃくちゃになるんで、調整に手こずったけど、これまた無駄な労力の典型(汗)。

味わってご覧ください。


→「クリエイティブ・コモンズ動画第1号」へ

| | コメント (5)

2010.01.03

ホラー映画風フェイク予告編

みなさまあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始はムービーづくりに没頭しておりました。
DAZスタジオの「Movie Maker」ってホントにすごい。
インストールして1週間でこんなムービーがサクサク作れます。

出演は前作と同じくDAZスタジオ標準フィギュアのヴィクトリア。
昼間のシーンはやる気なさそうでしたが、今回はヴァンパイア(?)を熱演してくれました。


→「iPhoneガールズバンド」へ

| | コメント (3)

2009.12.31

2009年のラストにリアルっぽいムービーを作ってみた

少し前から「DAZ Studio」という3DCGソフトを使ってみたくて仕方なかったのですが、日本版がないので手を出しかねてました。
英語のマニュアル読むのはキツいからね。

やっと時間ができたので、一昨日からマニュアルと格闘&いろいろなサイト(主にこちら←大感謝)をカンニングしてできたのがこのムービーです。

このムービーに限っていえば、主役はけだるく踊ってるねーちゃんでは全然なくて、バックの寺院(?)です。
Movie Maker for DAZ Studio」というプラグインを使っています。
今までPOSERで作ったムービーは、バックは完全に書き割り(フィギュアの後ろの板に写真が貼ってある)でしたが、この寺院のセットは360度どこでも写せます。
でも実際にこんなに巨大なセットを3Dで作ったら、普通はデータが重すぎて動かなくなってしまうのですが、実はこれもよく計算されてできてる書き割り(=写真)なのだそうです。
スゲー。

ということで、以下、ウザイ解説。

◆無表情で踊ってるねーちゃんはヴィクトリアというフィギュア。DAZスタジオのデフォルト。まったく思い入れナシなので、足りないシーンでテストムービーを復活させたりして髪型が変わっても気にしない。
◆実はPOSERと親和性が極めて高いので、過去に自分で改造したフィギュアデータのインポート&エクスポートはできるらしい・・・んだけど、現時点ではうまく読み込めてない。レギュラーバンドがこのセットで演奏できればすごくいいんだけど。
◆曲は最初にPOSERムービー用に作ったこの曲。最初はオリジナル音源をあてるつもりだったけど、けだるい雰囲気に合わなかったので急遽アレンジ。エスニックなメロディーの引き出しが少ないので、やりくりが大変です。


→「ホラー映画風フェイク予告編」へ

| | コメント (3)

より以前の記事一覧