2017.01.15

iPhoneで返信メールに写真を添付する方法(iOS10.2版)

当ブログで比較的見られているのが、2011年12月7日にアップした「iPhoneで返信メールに写真を添付する方法」です。

iPhoneで返信メールに写真を添付する方法(2011.12.07)


当時とはやり方が変わっているので、更新版を作成しました。
ずっと簡単になってます。

◆STEP1
たとえばこんなメールを受信したとします。

Fig01_2


◆STEP2
返信メール作成画面で、入力画面をダブルタップするとメニューがあらわれます。
一番右にある三角マークを選択---

Fig02_3


◆STEP3
すると「写真またはビデオを挿入」の選択肢があらわれます。
選択すると---

Fig03


◆STEP4
写真アプリが立ち上がって、添付したい写真が選べるようになります。
添付する写真を決めて右下の「選択」ボタンで添付---

Fig04


◆STEP5
みごと、返信メールに写真が添付できました。

Fig05


以前のやり方よりずっと簡単になったので、この記事が検索されることも少ないでしょう。
でもこれで元記事からこちらに誘導できるようになったので安心。
ああ私ってばなんて責任感が強いヤツなんでしょう(←ウソ、実は「ブログのとおりにやってもうまくいかない!」というクレームをもらったから)。

| | コメント (0)

2016.06.07

(今さら)iOSのsafari使用時にiPhoneを横にしてもメニューを表示させない方法

◆スマホ対応でないサイトを見ていると

スマホでサイトを見ているときに、字が小さいので横向きにすると---

Safari01

こんな風に横いっぱいに表示してくれていました。
スマホ対応でないサイトを見るときなどは便利でした。

Safari02


◆メニューが表示されてしまう

いつの頃からか画面を横にするとメニューが表示される仕様に。
iOSバージョン9からかな?←自信ナシ。
世の中からPC専用サイトが減ったのが原因なのでしょうか。

Safari03


◆回避方法

以下、メニューを表示させない方法です。
↑の状態で画面を下にスワイプすると、左上にブックマークボタンがあらわれます。

Safari04

これをクリックしてやればOK。
とっても簡単。

Safari02

元に戻すのも同じ。
ブックマークボタンをクリックするだけ。
お試しあれ。

| | コメント (0)

2015.06.24

iPhoneカメラでフォーカス送り

iPhoneはフォーカス送りができるようになっていたのですね、ぜんぜん知りませんでした。

「フォーカス送り」とは被写体の距離にあわせて、レンズの焦点距離を変えることです。
下の例がわかりやすいでしょうか。
私が試し撮りしたものです。
やり方は簡単で、ピントを合わせたい対象物を画面上でタップするだけ。
上はロボット、下は右側のビルを画面上でタップしています。
実際はロボットを支えるバーがありますが、Phothospで雑に消してあります(拡大されるともろバレ)。

▼ロボットにフォーカス(クリックで拡大表示)
Focusa

▼街にフォーカス(クリックで拡大表示)
Focusb

ちなみに引いて撮るとこんな感じ。
迫力ゼロ。虫っぽい。

Focusz

以下の記事を参考にさせていただきました。
いつか動画もやってみたいものです。

iOS 8の凄いところ「iPhoneでピン送りが可能に!」
http://ringojyuku.blogspot.com/2014/09/ios-8iphone.html

| | コメント (0)

2015.01.22

iPhone6の壁紙サイズは750×1334なんだけど・・・

iPhoneの液晶が割れてしまったので6に買い替えました。
気分一新で壁紙も自作。

Pict01_2
※クリックで750×1334pixの原寸で表示。

で、これを壁紙に設定してみると---
Pict02

足が切れてるのはなんで?
トリミングされてる?
そういう仕様なの?

調べてみると「視差効果」なるエフェクトが原因らしい。
ただ、試しに視差効果を「オフ」にしても画面の端が切れてしまいます。
手さぐりでセーフティゾーンを調べてみると---
Pict05_2

上下90pix、左右60pixぐらいの余白があるときれいに収まるようです。
ということで、トリミングを多少修正して壁紙にしたのがこちら。

Pict04

うまく収まりました、めでたし。

| | コメント (0)

2012.06.04

Apple Mobile Deviceサービスが開始されていないため、このiPhoneは使用できません

というメッセージが久しぶりに出て、このやり方どうだったかなとネットを検索したら大昔に自分の書いたブログがヒット。
タイトルがすでに古くなっていたので再掲します。

======================================================

  1. 「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」をクリック。
  2. 「名前」フィールドに「services.msc」と入力して、「OK」をクリック→デバイスの一覧が表示されます。
  3. 一覧をアルファベット順に並び替え、「Apple Mobile Device Service」の状態を確認、「開始」になっていなければ右クリックで開始。

Applemobiledevice2

ソースはこちら(微妙にやり方が違いますが、結果は同じです)。
iPhone, iPad, iPod touch:Apple Mobile Device Service (AMDS) を Windows で再起動する方法

なお、これでも解決しない場合は「PCを再起動」→それでもダメなら「iTunes関連を全削除して再インストール」だそうです。これは以前書いた「Windows7のiTunesがiPadとiPhoneを認識しない?→解決」が参考になると思います。

| | コメント (2)

2011.12.07

iPhoneで返信メールに写真を添付する方法

iPhoneを使いはじめてはや2年以上、やっと返信メールに写真を添付する方法を覚えました(遅)。
忘れないように覚書(実はこれ他のブログに書いたことがあるんですが、うっかりブログ自体を削除してしまったので、こちらに転載)。


注:これは古い記事です。
2017年1月に更新した「iOS10.2版」はこちら。


たとえば待ち合わせでうまく会えなかったときに「今どこにいます?近くに目印はありますか?」なんてメールをもらったとします。
これに自分のいる場所の写真を添付して返信します。


STEP1

Step02bまず普通に返信メールを作ります(→)。
ここでホームボタンをダブルクリックして、マルチタスクを起動します。

STEP2

Step03c_2マルチタスクが起動したら写真メニューを起動し---

STEP3

Step04添付したい写真を表示します。ちなみにこれは甲府駅前の武田信玄像。どうでもいいですかそうですか。

STEP4

Step05b写真を長押ししてコピー。

STEP5

Step06c写真アプリを閉じたらメール作成画面に戻って、画面をタップしてコピーした写真をペースト。

STEP6

Step07cみごと、写真つき返信メールが完成しました。一見複雑そうに見えますが、慣れてしまえば簡単です。お試しあれ。

| | コメント (2)

2010.12.18

このiPhoneを使用できません。Apple Mobile Deviceサービスが開始されていません。

本日iTunesを「10.1.1.4」にアップデートしたところ、表題のようなメッセージが表示され、パソコンがiPhoneを認識してくれなくなりました。

Applemobiledevice

以下、簡単に解決したけど、すぐ忘れそうなので覚書。

  1. 「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」をクリック。
  2. 「名前」フィールドに「services.msc」と入力して、「OK」をクリック→デバイスの一覧が表示されます。
  3. 一覧をアルファベット順に並び替え、「Apple Mobile Device Service」の状態を確認、「開始」になっていなければ右クリックで開始。

Applemobiledevice2

ソースはこちら(微妙にやり方が違いますが、結果は同じです)。
iPhone, iPad, iPod touch:Apple Mobile Device Service (AMDS) を Windows で再起動する方法

なお、これでも解決しない場合は「PCを再起動」→それでもダメなら「iTunes関連を全削除して再インストール」だそうです。これは以前書いた「Windows7のiTunesがiPadとiPhoneを認識しない?→解決」が参考になると思います。

| | コメント (12)