2011.05.21

お題はブリティッシュロック

今日は久しぶりに仲間内で一発合わせの演奏会。
お題はブリティッシュロック。
全23曲(!)中、自分も演奏する5曲を日記代わりに貼っておきます。

◆Let Forever Be / The Chemical Brothers
コピーしてみて一発合わせにとても向かない曲であることを知りました。
これはバンドで何回か練習してからやらないと無理っぽい。
オレがボーカルなのに・・・orz

◆Under Pressure / David Bowie
リリース当時は変な曲だなぁと思ってたけど、あらためてコピーしてみるととても面白かったことに今ごろ気づく。
演奏がビシっと決まったらいいなぁ。

◆Should I Stay Or Should I Go / The Clash
ポールシムノンのベースは聴き取れん!
テンポが早いのに構成が変なので崩壊しそう。ボーカルのキーも低すぎてヤバそう。

◆PARISIENNE WALKWAYS / GARY MOORE
今回もっとも一発合わせに向いてる曲。
ブリティッシュロックというよりはド演歌だが。

◆Honky Tonk Woman / The Rolling Stones
まーこれは(略


これからますます人前で演奏する機会は減っていくだろうから、記録を残してみる実験のココロ。

| | コメント (0)

2011.01.17

快傑シシット【ライブ】

一部の方にとってはもうウンザリでしょうが、自分が関わった動画の記録を残しておきます。
クレイジーシュンバンド「快傑シシット」のライブ版です。
2011年1月15日、吉祥寺GOKサウンドにて。

撮影に協力してくれたじおじお・ゆかりん・ウナギイヌさん、演奏をサポートしてくれたおったん・きてれつさん、ありがとうございました。

| | コメント (2)

2010.11.28

地上150mのストリートライブ、12月12日(日)オークリサーチat東京タワー

12月12日(日)にオークリサーチが無料ストリートライブを行います。
場所は東京タワーの大展望台、「クラブ333」のステージ。
時間は16:20~から約30分間。
すばらしき地球の仲間たちin東京タワー」というイベントの一環として行われる協賛ライブです。
あらびき団を見たイベンターの方が声をかけてくれました。
ありがたや。

大展望台に登るのに820円かかりますが、ライブは無料です。
関係者によると、12月は東京タワー夜景も最高とのこと。
夜景目当てで結構ですので、時間のある方はぜひどうぞ。


図にのってプレイスムービージェネレーターで案内を作ってみました。
これ簡単に作れていいなぁ。

| | コメント (8)

2008.09.07

貴重な経験(ほぼ私信)

Sentaro昨日は吉祥寺のプラネットKで「2008ロックンロールサーカス(←バンド名)」のライブを観戦。
バンド名と同様に超オーソドックスな選曲中、1曲だけ超マイナーな曲が演奏されました。


その曲は「Love is Paianful」。
当ブログでも紹介したSHUNTLESのアニメ曲です。


自分たちの曲のカバーを見る機会なんてめったにないんで、貴重な経験でした。
取り上げてくれた専太郎さん(写真←無断引用)、ありがとうございます。
アナタのセンスは、20歳アメリカ人女性のhobokityちゃんと同様にすばらしい!


でも、けっして「涙の乗車券」と一緒に歌わないでね(笑)。

| | コメント (6)

2008.08.23

ここはゴッサムシティか?-汐留ガーデン

噂のビヤガーデン「汐留ガーデン」に行ってまいりました。


場所は新橋の駅前。
築40数年という古い古いビルで、今にも止まりそうなエレベーターで屋上へ。
店の入口も殺風景で、すでに頽廃ムード満点。


我々が着いたのは6時半ごろ。
すでに7割の入り。
予約してなかったので一番はじっこの席へ。


webの説明ではショータイムは7時から、とあったのですが、7時を待たずにスタート。
ショーの内容は・・・


最初はステージで2人の外人のお姉さんが踊ってます。
やがてその2人がトップレスのまま客席へ。
お客が口にくわえた千円札を、お客の顔ごとオッパイではさんで取ってくれます。
もっとお客が酔っ払ってからこのサービスが始まるのかと思ってたんで、さすがにビックリ。
まだ6時台だし、周りのビルからは見えちゃいそうだし、ホントいいのかよ?って感じでした。


我々の席ははじっこだったので、あまり近くに来てもらえませんでしたが、2人とも美人でお肌もキレイでした。
仮に「シャーロットランブリング」と「アンジェリーナジョリー」としておきます。
撮影OKなので撮ってみましたが、携帯カメラじゃ何やってるのかさっぱりわかりませんね。

↓金髪でスレンダーなシャーロット
080823a

↓黒髪でグラマーなアンジェリーナ
080823b


客席も大盛り上がりで(そりゃそうだ)、女性も千円札をくわえ出したころ(女性客も多い)、ひとりのお客がステージへ拉致されました。

080823c_2

相変わらずのブレブレ写真で何やってるのかわかりませんが、要はSMショーです。
パンツ1丁にされて縛られて、ムチとロウソクの洗礼を受けてました(写真はチンコをアンジェリーナの膝でぐりぐりされてるところ)。


・・・新橋の駅前で、しかも屋外でこんなのアリ?
頽廃的すぎるよ、ゴッサムシティと一緒に壊滅させられちゃうよ(バットマンビギンズ参照)。


我々は8時半ごろ退散したんですが(このころは入店待ちの行列が50人ぐらい)、3人でピッチャー3杯、ジンギスカン2枚、その他おつまみで1人あたり5,000円ぐらいでした。
安くね?

080823d


ショーの間中、私が考えてたのはただ1つ。
「お姉さんこっちに来てくれないかな~」・・・じゃなくて、「ここでSHUNTLESのPV撮ったらすげえだろうな」でした。
まぁ絶対無理だけど(笑)。

| | コメント (7)

2008.07.28

SHUNTLESトークライブ顛末

土曜日はここで案内したトークライブでした。

080726title

そもそも何をやるのかわからないのに来てくれた人多数。
実体はパソコンとプロジェクターを使ったプレゼンショーでした。
プロジェクターはこのときのNTTのビデオコンテストで賞品にもらったやつ。
イメージとしては「みうらじゅん&いとうせいこうのザ・スライドショー」に近い。


ステージから見る限り、みんなそこそこ楽しんでくれたようだし、大スベリもなかった(?)ので、初めての試みとしては成功だったのでは、と自負してます。
終演後も数名の知らない人から声をかけられたりしたので、内輪受け一辺倒でもなかった・・・はず、たぶん。こればっかりは自分ではワカラナイ。


ありがたかったのは、お店のマスターの「こんなのやって成功させたのは、お前らが初めてだよ」という言葉。伝説のライフハウス「のろ」で音楽以外のイベントは珍しいのね。
それと共演だけにとどまらず、献身的(?)に客席で盛り上げてくれたメンバーのみんなに大感謝です。


それにしても友達が感想を書いてくれたエントリの写真を見ると、確かにコントのライブにしか見えないな(笑)。

BARIの毎日?
土曜日のアレを観て(ほぼ私信)


(7月30日追記)
BARIさんから「コントの一幕みたい」な写真を送ってもらいました。
Stage01
▲主役そっちのけでニセのっさんのインタビュー。

Stage02
▲プロフェッショナルコーラス隊を従えて熱唱中。でも古きよきサラリーマンコントの無理やりミュージカル場面にしか見えない。クレイジーキャッツとかのネ。

Stage03
▲ニセのダイノジ乱入。ベタベタ。

| | コメント (0)

2008.07.06

7月26日SHUNTLESトークライブ

SHUNTLESがトークライブやります。

7月26日(土)於吉祥寺のろ
18:00開場。たぶん21:00ごろまで。
プロフェッショナルの共演アリ。
飲み放題食事つきで2,000円というさくら水産並の超破格値。
完全予約制なので、ご覧になりたい方は最寄のSHUNTLESのメンバーか、このエントリのコメント欄にお願いします。

メインボーカル(スピーカー?)のオヤジが「お前はコンテンツを考えればいい。集客はオレに任せろ」と豪語してたのに、なぜ今ごろ私がブログにエントリしているかは察してください。


コンテンツ担当者として作成した告知ビデオとフライヤーも掲載しておきます。

▼カミカミのビデオ(mov-音が出ます)
0726video

▼懇親のフライヤー(pdf)
0726flyer

| | コメント (0)

2007.10.11

有明コロシアム「内藤VS亀田」行ってまいりました

午後は仕事で町田の2つ隣の駅(汗)にいたのですが、打ち合わせが終わって携帯で検索してみると、6時半には有明に着けることが判明。
そのままダッシュ。
亀田不人気でチケット代が大暴落という噂もありましたが、ダフ屋もいなかったので(最近はいないものなの?)当日券を購入して会場に入るとセミファイナル中でした。グッドタイミング。
会場は4分の入りというところ。

セミファイナルがKOで終わったので、テレビの放送に合わせて時間調整。
セレモニーは7時40分からだそうで。
なるほど、そういうものなのね。

時間調整中は大スクリーンにプロモーションが流れます。
いじめられっ子だった内藤、3度目の世界挑戦でやっとベルトを取った33歳。
亀田大毅は例の調子のやつ。
仮に予備知識ナシでもこのビデオ見たら内藤を応援するって。
何を考えてるんだTBS(のちほど私なりに理解)。

7時40分に客電が消えて大歓声。
この時点で6分の入りというところ。
なぜか大スクリーンに範馬勇次郎(←わかる人だけわかればヨイ)が登場、まずは亀田を呼び出しました。
グレイシートレインのスタイルで入場。
思ったほどブーイングは起こらず。
というか、亀田応援団が派手な鳴り物を持ち込んでるので、少人数でも音がでかいのです。
大毅は弁慶のコスプレ。
入場曲は「男一匹ガキ大将」でした。

内藤の入場。
大歓声。
でもイントロが鳴ったときに耳を疑いましたが、やっぱり「ロマンティックが止まらない」でした。
わけもなく不安な気持ちに(笑)。

選手名コールでは亀田のときに期待どおり大ブーイングが起こってくれました。
もうこの時点で亀田の金髪は「まだら狼:上田馬之助」にしか見えません。
内藤にはもちろん大歓声。
そしてある意味試合並みに期待していた「君が代」。
歌うは高橋ジョージでしたが、伝説のZIGGY(←追記:とおりすがりの方のご指摘で、実はTボランだったことが判明。ご指摘ありがとうございます。ロックバンドとかあんまり詳しくないもんで)のように笑いを誘うこともなくあっさり終了。
っつーか後半走ってなかった?>ジョージ

いよいよゴング。
大歓声。
ゾクゾクしました。

内藤が積極的に攻めるが、亀田の頭から突っ込んでいくスタイルに戦いにくそう。
3階席から見てると内藤のパンチはハエ叩きパンチのようにしか見えません。
逆に手数の少ない大毅は落ち着いてるように見える。
でもとにかく内藤のパンチでは大歓声。
何度も沸き起こる内藤コール。
大毅のバッティングっぽい動きやクリンチではブーイング(ラウンド中は鳴り物が禁止されてるので、亀田応援団の音はさほどうるさくない)。
場内は予想通りの雰囲気でした。

3Rだったか内藤がまぶたを切ったときに不安が会場に走りました。
TKOなんかになったらどえらいことになってしまうからね(2回目の世界戦で、まぶたの出血によるドクターストップで内藤が負けていることを、先のビデオでみんなが知っている)。
セコンドの処置がよかったのか血が止まって場内が安堵の空気に。

4Rが終わった時点で採点の途中経過が発表される。
内藤の圧勝で大歓声。
8R終了時点の発表でも内藤の圧勝。
あとはラッキーパンチのKO以外亀田の勝ちはありえない状況に。
なのでラウンド終了が近づくと内藤コールが起こる。
判定に持ち込んでほしいから。
たぶんあの時点で、無理にKOを狙わなくていいと思ってた人は多かったはず。

10Rあたりから試合が荒れてきて、クリンチ(というか、大毅の場合はヘッドロック?)が多くなる。
これに切れた内藤がグランド状態の大毅にパンチの反則で減点1。

Daikiそしてファイナルラウンド。
亀田のレスリング行為(写真)で減点3。ブーイングの嵐。
それにしてもボクシングの反則で減点3って初めて聞いたよ(笑)。

試合は会場の大多数が望んでいた判定へ。
もちろん内藤の圧勝で防衛。
大歓声。
でも私がちょっとだけ期待してた「切腹」コールは起こりませんでした。

ということで、生涯初のボクシング生観戦でしたが、とても楽しめました。亀田がヒールっぷりにもっと磨きをかけてくれれば、これからも楽しめると思います。
・・・ううむTBSの術中にまんまとハマっているような気がする。

| | コメント (9)

2007.03.23

「shun & ghid」狂熱のライブ

私が曲作りを手伝ってるおじさんが「飛び入りでライブに出ることにしたのでバックでギターを弾け」
というので、行ってまいりました、昨晩。
それって「飛び入り」っていうの?という疑問はさておき。

イベント名は「飛び入り弾き語りナイト」。
アポロシアター「アマチュアナイト」の小規模版と思ってください。
荻窪という地もあいまって、出演者はストリートで真剣に音楽をやってる若者ばかり。
20歳以上年が離れてる我々は当然浮きまくりです。
鬼のような後悔が襲ってきたんですが、オヤジ曰く「オレも某所では顔役なんで頼めるやつは数十人単位でいるんだが、あえてお前に初ステージの栄光を与えることにした」と吹きまくり(←このころすでにほぼ泥酔)。

順番が回ってきたのでステージへ。
Shunghid
#オヤジ(左で歌ってる人)に目線が入ってるのは気にしないでください。

曲がよかったのか歌がよかったのかはわかりませんが、結論から言うとその日一番のバカウケでした
興奮したオヤジは「この伝説の音源を世界に向けて公開したい」と言い出して、昨晩深夜にmp3音源を送ってきました。
「オレのmixiは公開限定なので、お前のところで公開しろ」だそうです。
どこまでも身勝手な。

ということで音源です。
曲はオリジナルで「パンツ」と「吉祥寺」の2曲。
大音量でお楽しみください。

都合により削除されました

| | コメント (8)

2005.05.01

4/29吉祥寺mandala2セットリスト

お気に入りのMandala2ライブセットリスト。
今回は初めてアンケートを導入したので、それも併せてご紹介。

  1. 母乳:「直球すぎでは・・・」との声がありました。真摯に受けとめます。 試聴する
  2. ゴーゴービリー:「まゆこはんはこの曲にハマってるなぁと思った」そうです。身内の方ですね。真摯に・・・受けとめません。
    試聴する
  3. ハナゲマン:この日最多得票(っつっても10票)。歌詞の一部を変更。「私もがんばらなければ」との声あり。この曲を試聴して来てくれた人がいたようです。ありがたや。
  4. ダディ&マミィ:これまた歌詞の一部を変更。「元気なおじさん達を見れてよかった」そうです。アレンジは音源と変わってミッシェルガン調(原曲調ともいう)。
    試聴する
  5. 時雨忌:これは松尾芭蕉の曲です、というと会場に笑いが。覚えにくい曲のはずが意外に得票を集めました。
    試聴する
  6. ボディペインティング
  7. 「楽しそうにやってて羨ましかった」そうです。ありがとー。
    試聴する

アンケートの大半が「女性ギタリストがカッコよかったです」だったのは秘密。

DATA
日時:2005年4月29日(金祝)
場所:吉祥寺Mandala2
共演:inter play、The 10、Peace Of Notes、ザハーミッツ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧