2015.06.23

芥川賞6候補の作品の概要が妙に引っかかったのでメモ

芥川賞6候補の作者と作品を紹介するラジオを聴きました。
ピース又吉効果でこんなニュースも取り上げられるのでしょう。
聞き流すうちに、妙にひっかかる単語が多かったのでメモしてみました。
作者名・作品タイトル・掲載誌・概要・どこに引っかかったか、を書いています。

0eed965ad4fa3112de0bc149f1be96a4__2

◆内村薫風「ΜとΣ(しぐま)」(新潮3月号)
ブラック企業につとめる30代の男が主人公。
この物語は「1990年2月11日」という日付がキーになっている。その日は「ネルソン・マンデラが釈放された日」であり「マイクタイソンが東京ドームでKOされた日」であり「ドラクエ4の発売日」である。
→伊坂幸太郎っぽさにフック。


◆島本理生「夏の裁断」(文學界6月号)
祖父の本を自炊しながら過去を回想する話。
→突然の「自炊」という単語にフック。


◆高橋弘希「朝顔の日」(新潮6月号)
作者は教師~オルタナバンドを経て作家になってまだ2年。
昭和16年戦時中に青森で肺結核になった妻を見舞う夫の話。
→作者の経歴にフック。「インディーズでCDも出ている」とあったが、検索しても見つからず。バンド名も不明。


◆滝口悠生「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(新潮5月号)
バイクに乗って東北を一人旅しながら青春時代を回想する話。
→タイトルにフック。


◆羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」(文學界3月号)
無職の青年が同居するお爺さんを介護する話。


◆又吉直樹「火花」(文學界2月号)
2015年上半期出版界の話題を独りじめ。


私には小説を読む能力がまったく欠如しているので、この機会にどれか読んでみようかと思っています。
番組の元音源はこちら↓の「ランキング」(6/26には消えます)。
http://www.tbs.co.jp/radio/dc/20150619.html

| | コメント (0)

2015.06.16

立ったまま編集しろ!踊りながら編集しろ!

◆立ったまま書け!
文章の書き方の本で「立ったまま書け!踊りながら書け!」という文を読んで思い出しました。
映画編集について書かれた「映画の瞬き」という本にもまったく同じようなことが書いてあったことを。
原文をもう1度確認したくなって、図書館で借りてきました。

Blink


はからずも「座る」という言葉を使ったが、実は私は立って作業をする。
テーブル型のKEMの場合には、私の身長にちょうど合うように、床から15インチに高さを上げて据える。

(中略)

編集は外科手術のような作業だ。しかし椅子に座って執刀する医師を見たことはない。
編集を料理にたとえることもできるが、コンロの前に座って料理するコックもいないだろう。
いろいろなたとえがある中で、個人的に編集作業にもっとも近いと思えるのはダンスだ。
映画の完成作品はある意味ダンスの結晶体である。
でも、椅子に座ったまま踊り続けるダンサーもやっぱり見かけないでしょう?
(「映画の瞬き」p60~62より)

オレの記憶力もまだまだ大丈夫そう。


◆本のタイトルについて
ところでこの本のタイトルは「IN THE BLINK OF AN EYE」、直訳すると「まばたきする間」なんですね。
「編集」という単語は出てこないのか・・・

このタイトルから、かねがねアニメーションづくりで不思議に思っていたことがちょっとわかった気がします。
説明が難しそうだけど、いつか書けたらいいなぁ。

| | コメント (0)

2015.06.06

不条理劇っぽい「50イングリッシュ」

英語が使えるようになりたい。
英語が自在になれば海外のサイトも恐くありません。
私がハマっている3DCGムービーの情報などは、海外サイトが圧倒的に充実しています。
情報交換もさかんに行われています、外人同士で。
オレもその輪の中に入れてくれ~。

9dedea8793b10f2d37b45eb8c956893d_s

◆優先順位は「読む→書く→聴く→話す」
英語を使う頻度は学生時代よりもずっとあがっています。
調べもの、掲示板でのやり取り、動画の閲覧エトセトラ、エトセトラ。
優先順位をもう少し丁寧に書くと---

読む>>>書く>聴く>>>>話す

って感じ。
なので世の中の「これでバッチリ英会話」とか「TOEIC900点」的な本はあまり必要ありません。
「聞き流してたら英語がペラペラ」なんてのも信じられません。
長年英語の曲に親しんできたけど、全然聴き取れるようになっておりません。
いつまでたっても「♪アホな放尿犯~」レベルなのが悲しい。


◆50イングリッシュ
書店で見つけた「50イングリッシュ」。
アオリに「とにかくこの50例文を死ぬ気で覚えろ!」とあります。
そうそう、こういうのが好みなんですよね。
50例文覚えて気がついたらあら不思議、ってやつでしょ?
さっそくトライ。

主人公はジョン。
好青年のテニスプレーヤー。
5つのシーンで10個ずつのできごとが例文になっています。
で、合計50個。
簡単なストーリー仕立てになっているので、比較的覚えやすい。
ただこのストーリーがちょっと・・・


◆好青年?
たとえば例文の41番。
ジョンには放送局に勤めるポールという友人がいます。
好青年のジョンはポールのいないところで彼のうわさ話をします。

It's obvious he failed the exam twice before he became a broadcaster.
あいつ、放送局に入る前に試験に2回落ちたんだぜ、確か。

・・・どこが好青年やねん!

別の場面、例文36番。
暑い夏の日、ジョンは自販機でジュースを買おうとしています。
子供が見ています。
顔見知りの子供なのですが、おごる気配もありません。
ところがコインを入れてもジュースが出てきません。
ジョンは叫びます。

I hate this. This kind of thing makes me really angry.
げげ!マジにムカつく!

・・・大人げないよ、ジョン君。
子供も見てるのに。


◆さらに不条理に
そこに自販機の管理人がやってきます。
例文37番。
この例文はどう訳しても納得できません。

We are very sorry for all the trouble we've caused you, but that's the way it is around here. Take it or leave it.
ご迷惑をおかけしました。でもこれがここのルールです。受け入れるか、立ち去るかはあなたの自由です。

なんなのこれ?
そんなにこの世界では機械が信用できないの?
なんだか「ツインピークス」の1シーンを見ている気分になってくるのです。


・・・こんなことばっかり気にしてるから英語がぜんぜん上達しないんだよね、わかってはいるんですが。

| | コメント (2)

2015.05.27

頭よさげに見える?「ちょいスケ」

たとえばノートの片すみにこんなスケッチがさりげなく描いてあると---

Choiske02

「お主なかなかやるな?!」なんて思いませんか?

これは書籍「スケッチは3分」を見ながら私がマネして描いたものです。
道具は水性サインペン(線)と鉛筆(塗り)だけ、定規は使わない、円は時計回りに描く、グラデーションは時間がかかるので無視、二重線のうまい使い方、影のつけ方、省略画法・・・などなどのコツを覚えると、こんな絵が描けるようになります。
それこそ本のタイトルにあるように「3分ぐらい」で。
これが筆者が提唱する「ちょいとスケッチ」、略して「ちょいスケ」なのです。

もっとも私が描けるのは、今のところ円筒形のものだけなんですが(笑)。


小物を描いて基本が身につくと「乗り物→建物→風景→人物」と対象が広がっていきます。
「ちょいスケ」をマスターして絵コンテを描いたり、自分の動画の背景に使えたらいいなぁ、と妄想していますが果たして?

| | コメント (0)

2015.05.08

その名は雨隠ギド

初めて人前でムービーを上映してもらえるということで、監督名を「城戸 義道(きどよしみち)」と名乗りました。
カタカナの「ギドギド(ghidghid)」では大人げない感じがしたのと、実はもう1つ理由があります。
先日書店で「雨隠(あまがくれ)ギド」さんの本を見つけてしまったから。
不勉強にして知らなかったのですが、2007年にデビューしたマンガ家の方です。

Gido

この名前の有名人が存在していたのか?!とちょっとビックリ。
「ghid」って、表記が短い割に海外でもほとんどカブることがなかった(※)ので、なかなか気に入っていたのです。検索でもヒットしやすいし。
でもプロの作家の方と同名では、こちらが埋もれてしまうこと必至。
なので、この機会に中二病っぽいペンネームに変えてみることにしたワケです。

にしても---
このペンネームを名乗っている方の作品とあらばチェックせねば。
「BL系」という単語も散見されるけど、今岡過激団というバンドをやってた私には耐性があるはずだから大丈夫(笑)。

※日本語の「ギ」の英語表記にはいつも悩まされます。この方は「gido」だし、ジブリは「ghibli」、キングギドラは「King Ghid(o)ra(h)」・・・どれが正しいのかハッキリしてほしい。

| | コメント (0)

2014.02.05

お手軽デジイチ本でフレーミングの基礎を学ぶ

カッコいい動画を作るにはカッコいい構図が不可欠です。
私にもし天才的な構成力があれば、カッコいい背景にカッコよくフィギュアを配して、カッコいい構図の動画を次々と生み出していることでしょう。
しかし天才ではない身では、ありきたりの背景にありきたりのポーズのフィギュアを置いて、果てしない試行錯誤を繰り返しながら、ショボイ動画をたま~に作ります。
作れればいい方で、実はほとんどがボツになっているのが現状です。

あぁ天才になりたい。
天才が無理ならセオリーを知りたい。


そんなときこの本に出会いました。
デジカメ写真の構図が上手くなる見本帳

動画ではなく静止画のノウハウ本で、デジカメ女子層などに向けた柔らかめのものです。
しかし最初の数ページを読んで確信しました。
この本にはオレの知りたいことがすべて書いてある!

ここで内容の一端を紹介します。
動画を作る人だけでなく、映像に興味がある人やデザインに携わってる人にまで、この本の魅力を伝えられたらいいなぁ。


◆人物は◯◯で切りとる
C31中世の街でデブのモデルを撮影します。
フィルムは35mm、レンズは70ミリをシミュレート。
全身をフルショットでとらえ、バックが邪魔にならないように少々ボカします(写真クリックで拡大-以下同じ)。

C32ポーズを取らせます。
キモいけど我慢。
さて---


◆ここで問題です。
人物の表情やディティールを見せたいので、もっとアップにしようと思います。
ズームは使わず、カメラを近づけます。
さて、(A)(B)(C)のうち正解はどれでしょう?

C33(A)スネで切り取る。

C34(B)ひざで切り取る。

C35(C)太ももで切り取る。

正解は---
「(B)ひざで切り取る」。

人物撮影のフレーミングは、原則的には関節で切り取る」なのだそうです。
確かに画面は(B)が一番安定している気がします。
いえ、この本が言うのだから絶対にそうです。
そうに違いない。

このあと「関節のないモノ(=無機物など)のフレーミング法」と続きます。
こちらも納得度が高いので、いつか紹介できたらいいなぁ。


◆そして135の謎
実はこのフレーミングの話は、全体で140ページ以上ある本のほんの入口、14ページ目に現れます。
章立てとしては「再確認しておきたい写真の基本」のコンテンツ、つまり「この本を読むなら、せめてこれぐらいは知っておいてね」のひとつなのです。
次章から構図テクニック講座が始まって、通し番号1から135までテクニックが掲載されています。
ひええ初心者すぎてごめんなさい。
もっと精進します。

| | コメント (0)

2013.10.05

樋口監督推薦(?)の特撮カメラをゲット

書店でこの本を見つけて0.5秒でレジにダッシュ!
大人の科学マガジン「USB特撮カメラ」!

1005a_3

USB特撮カメラとは?
表紙をめくると説明がありました。
小さなものを大きく撮影できる動画カメラ」ですと?!

1005b

開封してみるとこんな感じ。
一見ふつうのUSBカメラだが、「被写体から数ミリの距離でもピントが合うレンズ」と「持ち手つき」の2点がポイント(昔はシュノーケルカメラとか呼んでなかったっけ?)。
いずれにせよこれ(とPCとジオラマ)さえあれば、誰でも特撮映画が撮れる……らしい。

1005c

カメラとは別に84ページの冊子がついており、巻頭特集は「樋口真嗣、特撮のツボと魅力を語る」。
楽しくてたまらなそうな笑顔は「巨神兵東京に現る」のメイキングで見たときのまんま(笑)。

1005d

記事は特撮の歴史に続いて特撮テクニックの紹介、プロがこのカメラを使って撮ったカットの紹介など盛りだくさん。
撮影関連だけでなくサウンドやエフェクトの記事などもあり、これだけでお腹いっぱい。
まだカメラを開封するに至っておりません。

近いうちにこのカメラで撮った動画をYouTubeで公開できればいいなぁ。

| | コメント (0)

2011.06.08

「僕はビートルズ」に失笑

ラーメン屋で初めて「僕はビートルズ」を読んだときは、ラーメンを吹きそうになりました。それ以来このマンガには近づいてません。

先日、「かわぐちかいじの『僕はビートルズ』はビートルズ・ファンなら激怒して当然の漫画である。―町山智浩さんのツイート」をTogetterで発見し、大きくうなずいている私です。

この中に特に興味深いツイートがありました。
コレ↓
かわぐち先生には「僕は手塚治虫」を描いてもらって、事の重大さを分かって頂くというのはどうでしょう?


まったくもってその通り。
「漫画道」で、主人公の2人が手塚治虫の仕事場を訪れ、ボツ原稿の山を見て衝撃を受けるシーンがあります。神様でさえ、作品を生むために苦しんでいることを表現した名シーンだと思います。

「僕はビートルズ」のコピーバンドは、完成した曲だけ持ってタイムスリップするんでしょ?(少なくともオレが読んだ数話ではそう)
ビートルズが曲づくりをする上で無数のボツ曲、その何十倍ものボツテイクを通過したはず。
もっと言えばジョンやポールだけが知っている断片が無数に存在したはず。
それも知らずに、完成品だけでビートルズになり代われる、と思ってる作者のスイーツぶりに脱力します。

このマンガのファンの人がいたらごめん。
反論があればぜひどうぞ。

関連記事:
ビートルズのベスト曲は?(2011.12.08)
ビートルズ213曲中最下位曲は?(2010.12.14)
ハードデイズナイトのイントロを数学者が解明?(2008.11.08)
ビートルズ/青の時代の50曲(2008.08.28)
ジョンレノンのグチを検証(2005.10.14)

| | コメント (66)

2010.09.07

ロックムービークロニクル

◆ブックオフでゲット
ブックオフで「ロックムービークロニクル」を手に入れました。いわゆる「ロック映画」のレビュー本です。
出版は2004年と少々古いのですが、500作品ぐらい掲載されており、読みごたえがあります。

◆4つのパート
全体は4つのパートに分かれおり、パート1は「ドキュメント部門」。「ウッドストック」や「ZEP狂熱のライブ」、ピストルズの「D.O.A」などなど。

パート2は「ロックドラマ部門」。
役者がミュージシャンを演じた「ローズ」「シド&ナンシー」などのほかに、「さらば青春の光」「コミットメンツ」なんかの架空モノも入ってます。

パート3は「エンタメ部門」。
「トミー」とか「ロッキホラーショー」とか。
「ブルースブラザース」「ストリートオブファイアー」もココ。

パート4は「スター部門」。
ビートルズ映画とかマイコーやマダーナの映画とか。

ロック映画は極力チェックしてるつもりなのに、あらためて500タイトルを眺めると、いかに未見のものが多いことか思い知らされます。
今後はこれを参考書にして、もっといろいろ見てみることにします。

◆新ブログを立ち上げ
で、このブログとは別に、ロック映画のレビューだけを掲載するブログを作ってみました。
題して「(プチ)ロックムービークロニクル」。
とりあえず過去に書いたものを掲載しています、たったの5本だけど。

こんなものを立ち上げたのには理由があって、ここの「3D CG Rock Band Animation」ブログでかなり多い検索ワードが、「さらば青春の光」なのです。
検索してくれた人は、2005年に書いた「さらば青春の光の主人公の行方」にたどり着いてくれてます。
つい最近書いた「40歳のロックデビュー」も意外なことにそこそこ多い。
「もしかしてロック映画のレビューブログ作ったら、けっこう検索されるかも?」という甘い考えで立ち上げたのでした。
過去のレビューが10年間で5本しかなかったのは、完全に誤算でしたが(笑)。

◆今後の課題
今後は手当たり次第書く・・・つもりです。
とりあえず最近見た「アンヴィル」「シャインアライト(※ストーンズinエグザイルは未見)」あたりからかな~。
リクエストしてやろうという奇特な人もいたら、よろしくお願いします。

| | コメント (6)

2010.08.18

福満しげゆき「カワイコちゃんを2度見る」

ご存知の方には超今さらなんでしょうが、福満しげゆきのマンガと出会えたのは小規模に嬉しい出来事です。

梶原一騎が死んでから週刊マンガをまともに読まなくなって幾十年。
週刊誌でチェックするのは「範馬刃牙」と「気まぐれコンセプト」の2本、気が向けば「ウシジマくん」「電波の城」「侵略!イカ娘(←汗)」をときどき、というのが私の週刊マンガ対応の現状です。
あとはせいぜい単行本でエヴ・・・(以下略)。
こんな有様なので、新しいマンガと出会うことはほとんどありません。

きっかけは「岡田斗司夫のひとり夜話」でした。
GYAOで配信してたころからたまに見ていたのですが、終わったあとも公式サイト「オタキングex」で継続していることを発見。
トークライブで客席からの「2009年に面白かったマンガは?」という質問に、ちょろっとだけ「福満しげゆきの『僕の小規模な生活』」と答えています。
これが頭の中のどこに残っていたのかわかりませんが、先日つたやで偶然目に止まりました。

516pyv4qvvl_ss500_表紙に惹かれて「カワイコちゃんを2度見る(→)」を立ち読みしてみたら・・・

面白い!
アルバイトが決まらない主人公が、成り行きで民間の野良ゾンビ捕獲の仕事を手伝うハメに---という何とも不思議なマンガでした。
プロットも秀逸ですが、とにかく絵がいい!
単純な線なのになんともエロチックで、最近の萌え絵とは全然違う女の子がとてもカワイイ。

速攻でそこにあった3冊全部を借りました。
ちなみに「カワイコちゃんを2度見る」「僕の小規模な失敗」「やっぱり心の旅だよ」。
福満しげゆき公式サイトを見ると、現時点で著作は10冊のようなので、ゆっくりゆっくり読んでいこうと思います。

ところで、エントリのタイトルを「カワイコちゃんを2度見る」にしたのは理由があって、ここに書いてあることとほとんど同じことを、もっと的確な表現で書かれたamazonレビューを発見したからです。
ご用とお急ぎのない方は、ぜひ「漫画を読まなくなっていた私が…」のレビューを読んでみてください。
冒頭にも書いたとおり、そしてこのレビューにもあるとおり、マンガから離れてしまった人間をカムバックさせる力のある作品だと思います。

「カワイコちゃんを2度見る」amazonカスタマーレビュー

| | コメント (0)