« shunsukyさんに教わったこと | トップページ | インドでかがやく星になれ »

2017.03.09

Filmarksに見た映画を全部ぶち込んだ




友だちが亡くなって以来、じっとしてると悲しみが襲ってきます。
そんなときは単純作業に没頭するのが一番。
ここ2週間ほど、見た映画のデータをFilmarksに入力することに明け暮れてました。
作業している間は気をまぎらわすことができます。


◆入力ルール

入力するにあたって自分なりのルールを決めました、
オタクはすぐ自分ルールを決めたがります。

・媒体は問わず、劇場・レンタル・テレビでもOK
・エンディングまで見た映画だけを対象とする、中途リタイヤは対象外
・どんな映画か他人に説明できる作品に限る

3,000本ぐらいかな?と思ったら1,000本ちょいでした。
う~ん、人生は限りあるな。

▼1091本
1091_2

入力する際に☆もつけました。
Filmarksは小数1桁まで入力できますが、厳密にすると時間がかかります。
ざっくり☆1~☆5で判定。
1本あたりに使う時間は平均5秒。

☆5は偏差値70以上とすると全体の5%ぐらい?
とすれば1,000本中50本ぐらいが適切なバランスなのかも。
実際には「燃えよドラゴン」や「フランケンシュタイン対地底怪獣」「ロッキーホラーショー」「ジョゼと虎と魚たち」「シンゴジラ」など25本でした。

▼ベスト
Best_2

☆1となるともっと難しくなります。
途中でイヤになった映画はリタイヤしてしまうので、本数が限られてしまうのです。

よくワースト映画の例に出されるアサイラムやトロマの作品は、ほとんどが☆2つ。
出演者を心底気の毒に思ったり、制作者にいきどおりを感じて最後まで見届けてしまったものだけを☆1つにしました。
「洞爺湖サミット危機一髪」「阪急電車」「ダイナソーファイターVS巨大恐竜」「ヤッターマン」など9本。

▼ワースト
Worst_2

もう少し全体を見直して標準偏差的な分布に近づけようと思います。
・・・こんなことばかり考えてるのはやっぱり病気だ。


◆ブラウザよりアプリ

Filmarksのブラウザ版は自由度が低いのですが、スマホアプリ版にはソート機能があります。
「制作年度順」のソートはなかなか興味深いリストになります。
一番古い映画は「キングコング(1933)」。
ベスト10(オールド10?)を並べみるとこんな順でした。

1.キングコング(1933)
2.嵐が丘(1939)
3.風と共に去りぬ(1939)
4.ピノキオ(1940)
5.市民ケーン(1941)
6.バンビ(1942)
7.カサブランカ(1942)
8.誰がために鐘は鳴る(1943)
9.天井桟敷の人々(1945)
10.荒野の決闘(1946)

Old

怪獣映画とアニメばっかり見るようになる将来が予言されているようです。
なんてことを考えて気をまぎらわしている今日このごろ。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« shunsukyさんに教わったこと | トップページ | インドでかがやく星になれ »