« 自主制作アニメ最終回「地上(ここ)より永遠に」 | トップページ | 「Don't Breathe」「シンゴジラ」「君の名は」映画はひとりでつくる時代? »

2016.10.06

あのシーンを思い出して感動してくれ!




マンガ「アオイホノオ」10巻に私の大好きなエピソードがあります。主人公がはじめて作ったアニメを大勢の前で上映するシーン。心の中で「みんな、腰を抜かすなよ」とつぶやきます。

アニメが始まるとまず乱闘シーン。
主人公の心の声。
「ここはアニメ『あしたのジョー』第1話を参考に描いた!思ったほどうまくはいってないが・・・」

地面から巨大な手。
「今のは『ホルスの大冒険』の岩男モーグの出現シーンを参考にした!ぜんぜん同じように動いてなかったが、ホルスを知ってるやつは本物を思い出して感動してくれ!」

爆発シーン。
「この爆発もあまりうまくはいってないが『さらば宇宙戦艦ヤマト』の彗星帝国の爆発シーンを思い出して感動してくれればいい!」

と続きます。このあと主人公には悲惨な運命が待っているのですが、ネタバレはここまで。

私にはこの主人公の気持ちが痛いほどわかります。
「みんな!あのシーンを思い出して感動してくれ!」ってね。

私のアニメーション制作歴も日が浅いので、こんなのばっかり。
先日アップした動画にも「もろ」なショットがたくさんあります。
キャプチャ画像とともにこっそりご紹介。
パクリ元参考にしたのはどれもこれも古典中の古典ばかりです。


◆怒りで髪が逆立つ
本編0分20秒あたり。
父母のカタキと対峙した主人公は怒りで髪が逆立ちます。
01a

元ネタはこちら。
「風の谷のナウシカ」より、トルメキア兵に父を殺されたナウシカは怒りで髪が逆立ちます。
顔の向きこそ違えど、首の角度やカメラ位置までほとんど同じ。
01b


◆倒した敵が復活
本編0分55秒あたり。
倒したはずの敵がゾンビのように復活。
02a

「エヴァンゲリオンまごころを君に」より量産機復活のシーン。
カメラ位置やタイミングまでほぼ同じ。
02b


◆地面から巨大な手が!
本編1分20秒。
地面から出てきた手につかまる主人公。
03a

「太陽の王子ホルスの大冒険」より、島本和彦も参考にした岩男モーグの出現シーン。
絵柄的にはあんまり似てないけどルーツはこれでしょう。
03b


◆虚空に伸ばす腕
本編1分35秒。
絶望的状況の中、必死に刀に手を伸ばす主人公。
04a

またまた「エヴァンゲリオンまごころを君に」より、アスカが「殺してやる殺してやる」と手を伸ばすシーン
04b


◆なぎ払え!
本編2分15秒。
ドラゴンの火炎で一気に形勢逆転!
05a_2

おなじみ「風の谷のナウシカ」より、みんな大好き、巨神兵が王蟲の大群をなぎ払うシーン。
05b_2


◆パースがついた巨大戦艦を接写
本編2分45秒。
広角レンズで通り過ぎる船をフォロー。
06a_2

オリジナルはもちろんコレ。
06b


◆ゴミのようだ!
本編3分55秒。
巨大戦艦が敵のアジトに激突。
07a

見出しでバレバレですが、「天空の城ラピュタ」の戦艦ゴリアテ撃墜シーン。
07b2


◆目の下を「ピッ!」
ちょっと巻き戻して本編0分40秒あたり。
敵を倒すも主人公も目の下あたりを負傷。
08a

これは何かを参考にしたわけではないのですが、よく見かけるシーンです。検索してみると、Yahoo知恵袋にそのまんまの質問があったので笑ってしまいました。
 ↓コレ
アニメの主人公の顔に傷がつく時、なぜ目の下あたりの頬にピッと傷がつくパターンばかりなのでしょうか。

残念ながら原典は特定できず。
どなたかご存知でしたら教えてください。

以上を踏まえてあらためて動画を見るとさらに味わい深いかも知れません。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 自主制作アニメ最終回「地上(ここ)より永遠に」 | トップページ | 「Don't Breathe」「シンゴジラ」「君の名は」映画はひとりでつくる時代? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。