« 7月7日は円谷英二とリンゴスターの日 | トップページ | YouTube動画を95か国語対応にする方法 »

2015.07.08

アニメーションコンテストに引き立て役として参加中!




◆なんでもアリのコンテスト
海外のCGアニメーションコンテストに参加しています。
その名も「ゲームキャラクターアニメーションコンテスト」。
最優秀作品に2000ドル、優秀作品に1000ドル、その他各スポンサー賞に200ドルのギフト券など。

Gcac

「ゲームキャラクター」と銘打ってますが、参加条件を見ると「なんでもアリ」のようです。
制作ツールは何を使ってもよし、自分の好きなキャラクターを使って、1分から5分までのアニメーションを作ってください。
作品はYouTubeかVimeoにアップする形で提出してください。
とのこと。

・・・だったらオレが普段作ってるアニメでいいんだよね?


◆WIP(work in progress=途中経過)をレポート
少しとまどったのが「途中経過をレポートしなければならない」という条件です。
polycountという海外SNSに自分の作品専用のスレッドを立ち上げて、逐次報告とのこと。
英語もままならぬまま無理やり立ち上げました
中学生の英作文のような解説をたどたどしく書いています。

このハードルが高かったのか、当初6月10日だった締切が7月10日に伸びてます。
参加者が集まらなかったらしい。
チャンスかも?!


◆引き立て役?
とはいえ、コンテストを主催しているのはReallusionというメーカー。
ここはiCloneという比較的新しめの3DCGソフトを販売しているのです。

なので受賞するのはiCloneで作ったアニメである可能性ほぼ100%。
「いろんなソフトで作った作品の中からiCloneが優勝しました!」という実績づくりのコンテストと考えるのが妥当でしょう。
私のように他ソフトで応募している者は格好の引き立て役なのです。

いいんです。
これを機会にYouTubeのフォロワーが増えてくれれば言うことはありません。
むしろ作品を完成させてくれたReallsionに感謝したいぐらい。

ちなみに現段階で25作品がエントリされています、少な!
締切まであと2日。


◆応募作品


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 7月7日は円谷英二とリンゴスターの日 | トップページ | YouTube動画を95か国語対応にする方法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。