« イヤホンのプラグをボールペンのバネで補強してから1ヶ月 | トップページ | Google翻訳でペルシア語のスペルミスまでも解明 »

2015.07.13

ミカサを助ける巨人エレン-水野久美を助けるフランケン




私の大好きな映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」のDVDが7月15日に再発売されます。
大変よろこばしい。
それにしてもこのタイミングでなぜ?


◆アニメ版「進撃の巨人」を見て
ひとつ考えられるのは、実写版「進撃の巨人」の公開に先がけたのかも?ということです。
先日アニメ版「進撃の巨人(前編)」を見たらこんなシーンがありました。

主人公のエレンは行方不明→ヒロインのミカサは力の限り戦うも力つきて地面に落下!→新たな巨人が迫る!絶体絶命のミカサ!→あわやというところに巨人化したエレンが登場!

燃えるシーンです。
これとほとんど同じシーンが「フランケンシュタイン対地底怪獣」にも出てきます。つい先日もブログで書きましたが、再び引用。

地底怪獣バラゴン出現!→こける水野久美!→獅子舞のようなバラゴンのアップ!→悲鳴をあげる水野久美!→そこに颯爽と割って入るフランケンをローアングルから!

ありがち度満点のシーンだけど燃えずにはいられません。


◆実写版の脚本家
実写版「進撃の巨人」の脚本家の1人はなんとあの町山智浩。
大の怪獣映画ファンとしても有名です。
きっとツボを押さえた燃えるシーンを見せてくれることでしょう。
フランケンと同じようなカメラアングルが出てきたらニヤリとしてしまうかも知れません。
期待しちゃうなぁ。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« イヤホンのプラグをボールペンのバネで補強してから1ヶ月 | トップページ | Google翻訳でペルシア語のスペルミスまでも解明 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。