« 期間固定ポイント失効まであと1日 | トップページ | ブログを1ヶ月続けてわかったこと »

2015.05.31

インチキ「めまいショット」をつくる




3DCGソフトPOSERのカメラズームを駆使して「めまいショット」をつくってみました。

たった4秒間のループ動画ですが、1秒間に24コマのフルアニメーションなので、96コマ使っています。
2次元アニメだと、すべてのコマを描かなければなりません。
つくるのは大変だと思います。

実際に2次元アニメでつくる場合は、人物と背景を1枚ずつ作成し、人物は固定、背景だけズームさせるのが簡単です。
↓こんな感じ。

これならば人物を1枚、背景を1枚だけ描けばよいので、はるかに省エネです。
絵を描くためのエネルギーは48分の1です。
撮影も簡単、人物と背景の別の倍率でズームしてるだけです。

さらに簡単に、人物1枚だけで済ませる方法もあります。
バックは集中線だけ。

これなら一番簡単。

96分の1の労力で同じような効果を作りだした日本アニメの偉大さを噛みしめなければなりません・・・って、いつの間にか主旨が変わってる?


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 期間固定ポイント失効まであと1日 | トップページ | ブログを1ヶ月続けてわかったこと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。