« ♪ハードディスクが飛んだ日は~ | トップページ | わかりやすいアホ映画「メガ・パイソンVSギガント・ゲイター」地上波初放送 »

2014.02.24

三分割構図をクソ真面目に実践する




被写体をど真ん中に配置した構図は「日の丸構図」と呼ばれ、あまり面白みのないものとされているようです。

Step01b
※写真をクリックで拡大表示(以下同じ)。

何も考えずにレイアウトすると、このように主役を真ん中に配置しがちです。
しかし、私は「デジカメ写真の構図が上手くなる見本帳」で、日の丸構図よりも洗練されている「三分割構図」を学びました。妙に説明調&謎の上から目線の文章ですが、気にせずここで実践してみようと思います。


◆三分割構図とは?
三分割構図とは、メインとなる被写体を中心に置かず、画面をタテ・ヨコに三分割した際にできる交点にポイントをズラして構図を作るやり方です。
文章だとわかりにくいですが、要は下の図の4つの赤丸のうちいずれかに、キーとなるビジュアルを配置するのです。

Step03a

少しカメラを回りこませて、右上の赤丸を右目に合わせました。
人物が左を向いているので、左側の空間が広いと画面が安定します。

Step05a

◆主役以外をボカす
ここで技を使います。
被写界深度を浅く浅~くして、右目だけにピントを合わせます。
主役がよりハッキリしました。

Step06a

背景を配置。
背景は脇役なので、もちろん思いっきりボカします。

Step07a

◆点だけでなく面積も三分割
ここで、地平線(というか山の稜線)を三分割線に沿わせた方が、より画面が安定することに気づきます。

Step08a

補助線を外してみます。
なかなかイイ出来ではないの?と満足感を味わいながら---

Step09a

◆仕上げ
最後にホワイトグラデーションで仕上げます(※ここまで全写真はクリックで拡大表示)。

Step10a

一番最初の画(↑)と比べるとかなり洗練された画になったと思います。
地平線を見つめて物思いにふけるヒロイン、的なシーンのできあがり。

ここで学んだノウハウが動画づくりにうまく応用できるようになればいいなぁ。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« ♪ハードディスクが飛んだ日は~ | トップページ | わかりやすいアホ映画「メガ・パイソンVSギガント・ゲイター」地上波初放送 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。