« BlenderでPoser/Dazフィギュアのアニメーションをつくる(その5:ローポリフィギュア編1) | トップページ | 1月に見た映画のまとめ »

2013.01.30

BlenderでPoser/Dazフィギュアのアニメーションをつくる(その6:ローポリフィギュア編2)




前回、POSERからローポリフィギュアをエクスポートして、Blenderにインポートしてみると、なんとシワシワに。

Orkz03

どうやらPOSERとBlender間でBumpマップのデータの受け渡しがうまく行ってないようです。
手動で直せるだろうか?

◆Bumpマップの適用率を調整する
POSERのBumpマップの設定を見ると---
(Material→Advancedモード)
Fig02

皮膚に設定されてるBumpの強さが「0.043」となっています。
この数値をBlenderのどこに当てはめればよいのか散々さがしたところ---
PropertiesウィンドウのTexture項目→InfluenceタブにあるGeometryにありました。深!
Fig03
※この図ではもう0.043に設定済みですが、デフォルト値は「1」になってました。

ヘルメットや腰布などの値をすべて設定してレンダリングしてみると---

Fig04

やった、うまく行きました。


◆ボーンをエクスポート/インポート
POSERからゼロポーズの状態のフィギュアをBVHで書きだしてやるとBONEになります。
File→Export→BVH motion
で書きだそうとすると、ダイアログが現れるので、
Fig05

を選んで出力します。

このファイルをBlenderに読み込んでやると---
Fig06_2

一見、インポートされていないように見えますが、側面図の上の方にあるのが足です。
カメラを引いて見るとこんな感じ。
Fig07

なんでこんなにサイズが違うんだろう?と思いつつボーンを縮小してみると、0.0125倍(1/80)でほぼ大きさが揃いました。
Fig08_2

なんだかうまく行きそう、と期待しながらボーンとオブジェクトをペアレントしてやると……
Fig09

ぐわ~なんじゃこれは。
以下次号。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« BlenderでPoser/Dazフィギュアのアニメーションをつくる(その5:ローポリフィギュア編1) | トップページ | 1月に見た映画のまとめ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。