« YouTubeに巣食う著作権詐欺団体が2013年になって活性化? | トップページ | BlenderでPoser/Dazフィギュアのアニメーションをつくる(その6:ローポリフィギュア編2) »

2013.01.29

BlenderでPoser/Dazフィギュアのアニメーションをつくる(その5:ローポリフィギュア編1)




オリジナルキャラクターを作ったことにより、多少Blenderの使い方を覚えたので、いよいよ本来の目的であるPoser/Dazフィギュアをインポートしてみます。
まずは移植作業に慣れるためにローポリ(Poser界では「LoRes」)のフィギュアで練習します。私のムービーでいつもヤラれ役のコレ↓ならば、ポリゴン数も4,500程度なので、Blenderに取り込んでもなんとか編集できそう。
Orkzlowrespromo1_2

◆POSERからエクスポート
まずはPoserで呼び出して、標準衣服を着用。
Orkz00

こいつ素のままだと善良そうなので、退治されるときにかわいそうに思うこともしばしば。
なので多少なりとも憎らしい感じにします。
体型を変えて服装も野蛮な感じにチェンジ(このムービーでのヤラレ役モード)。
Orkz01

これをPOSERのメニューからOBJ形式で---本体+服+装備を合わせて一体型のフィギュアにして---書き出します。書きだす際に、ヘルメット等のPropはすべてCharacter化しておくと、Blnederに読み込んだときに位置がズレないようです。
さらにマテリアルメニューで使用しているテクスチャをすべてチェックして、OBJと同じフォルダに移動します。
すごくめんどくさい。

と思ったら、簡単な方法がネット上にありました。
愛読している「Poser覚書」にとても丁寧に書いてありました。
そっくりそのまま紹介。

PoserからOBJ書き出しするときに、必要なテクスチャも書き出す方法
Poserからデータをエクスポート(書き出し)して、他の3DCGソフトに取り込みたいことって結構あるんじゃないだろうか。(以下略)

リンク先にもあるように、COLLADAでのエクスポートはエラーで落ちることもしばしば。
エラーで落ちた場合はおとなしくテクスチャを1枚ずつコピー&ペーストします。


◆Blenderでインポート
エクスポートしたOBJファイルをBlenderに読み込んで、位置や照明を調整するとこんな感じになります。
Ork03blend

なんだか順調に行きそう。
レンダリングしてみます。
すると……

(脳内ナイツ塙の声で)「なんとシッワシワ、シッワシワなのであります!
Orkz02

なんで?!
Orkz03

以下次号。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« YouTubeに巣食う著作権詐欺団体が2013年になって活性化? | トップページ | BlenderでPoser/Dazフィギュアのアニメーションをつくる(その6:ローポリフィギュア編2) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。