« 10月に見た映画のまとめ | トップページ | エヴァCMの真似をしてみる »

2012.11.06

フレームレートはどこまで落とせる?




手抜き動画作成のための試行錯誤その2、フレームレートを落としてみた実験動画です。
フレームレートとは、1秒あたり何枚の画が切り替わるか、を表した数値です。
よく言われるのはディズニーなどの海外アニメは24fps(frames per second)、日本のリミテッドアニメは8fpsだとか(でも最近は日本でもCG処理が多いから、24fpsなんでしょ?違うのかな?)。

たとえば3分の動画を全部動かそうとすると「24コマx60秒x3分=4,320」枚のレンダリング(現像)が必要です。
私が使ってるPOSERだと、HD(1280x720)の画像1枚あたり1分ぐらいかかるから、最低でも4,320分=72時間。
たった3分の動画のために現像だけで72時間!
死にます。

なので極力手を抜けるところは手を抜こうと思い、フレームレートを落とす実験をしてみました。
結果は……ぜひご覧ください。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 10月に見た映画のまとめ | トップページ | エヴァCMの真似をしてみる »

コメント

>たった3分の動画のために現像だけで72時間!

むむう。そりゃひどいね。普通の映像編集ソフトだと3分のなら1時間もあればレンダリングできるけど、POSERだとそうなんだ。24fpsを8fpsにしても、24時間かあ、、、

投稿: しゅんすき | 2012.11.06 11:53

アニメは24fpsですが、実写は30fpsが基本です。
したがって現在テスト中の実写との合成は30fpsで作らなければならず、これがまた仕様をイチからやり直ししなければならずに大変で……

投稿: ghid | 2012.11.06 15:35

正確には29.97fpsかも。自信ないけど。

投稿: しゅんすき | 2012.11.06 21:44

この記事へのコメントは終了しました。

« 10月に見た映画のまとめ | トップページ | エヴァCMの真似をしてみる »