« 3点着地(3 point landing)ムービーを作る | トップページ | 7月に見た映画のまとめ »

2012.07.27

YouTubeのアカウントが盗まれた?と思ったら---




YouTubeのチャンネルページは

http://www.youtube.com/user/アカウント名
または
http://www.youtube.com/アカウント名

で表示されます。
以前の仕様では

http://www.youtube.com/profile?user=アカウント名

でも表示されていたようです。
この仕様がまだ生きてるかどうか、自分のアカウントを入れてチェックしてみます。私のYouTubeのアカウント名はghidghidなので、URLは

http://www.youtube.com/profile?user=ghidghid

になるはずです。
このページに行ってみると……

(クリックで拡大表示します)
Profile

……何これ?(汗)
72歳アメリカ人、アップ動画ゼロ、登録者79,347人?

誰だよこいつ?!

最初は自分のアカウントが盗まれたのかと思ってめちゃくちゃ焦りました。
ところが自分のチャンネルはちゃんと存在しています。
これは一体?

いろいろ入力してみると、アカウント部分が SHUNTLES だろうが
CrazyShunBand だろうが、リンク先は同じく72歳アメリカ人のチャンネルになります。

ここでわかりました。
これは「profile」というアカウント名の72歳のアメリカ人の方のチャンネルなのです。
アカウント作成がYouTubeの黎明期(2006年3月)なので、こんなシンプルなアカウント名が取得できたのでしょう。
以前のチャンネルページの仕様(profileの文字以降はオミットされる)と相まってバグ化したものと思われます。

ためしに現状のチャンネル用URLにあてはめてみると、ちゃんと表示されました。

http://www.youtube.com/user/profile

では登録者がめちゃくちゃ多い理由は?
私は当初、YouTubeのテストアカウントか何かかと思っていたのですが、このチャンネルのコメント欄を見てすべてを理解しました。
このページを偶然見つけた人が面白がってチェンネル登録しているようです。コメントが1分ごとに書き込まれています。

いずれにせよアカウントを乗っ取られていたわけではなくてホントによかった。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 3点着地(3 point landing)ムービーを作る | トップページ | 7月に見た映画のまとめ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。