« 「3キャリア&スマホに対応したクーポンサイト」の作り方 | トップページ | Apple Mobile Deviceサービスが開始されていないため、このiPhoneは使用できません »

2012.06.02

5月に見た映画まとめ




5月に見た劇場・レンタル・テレビ録画の映画をまとめておきます。
今月は20本(劇場1、レンタル2、テレビ17)。
テレビ録画を少しセーブして、たまった分の消化につとめた。togetterはこちら
==========================================================

5月3日 ザ・メキシカン (録画) 星3つ
殺し屋リロイが最高。なので、途中までぎゃはぎゃは笑いながら見てたけど、リロイの退場が意外に早く、以降はテンションが落ちてしまった。

5月3日 リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い (録画) 星2つ
どのような基準でこのメンバーなのか、日本人には納得しがたいかも。単に版権的に使える人を集めた英版X-MENがやりたかった?

5月5日 ハッピーフライト (録画) 星4つ
日本映画によくある情緒的時間のびのびそのとき他のやつは何やってんだよ的シーンがまったくないので、普通に楽しめました。

5月5日 ウェディング・プランナー (録画) 星2つ
さすがラジー賞作品らしく登場人物の行動の多くが意味不明。ただ冒頭の長回し(5分ぐらい?)は素晴らしく、ここだけ巻き戻してもう1回見てしまいました。

5月9日 シャーロック・ホームズ (録画) 星4つ
峰不二子役の女優がとても良かった。ホームズはバリツの達人という設定で、これは柔術だと思ってたが、オクタゴンで戦ってたところを見ると、バリツはバーリートゥード?

5月9日 コン・エアー (録画) 星3つ
面白いんだけど、ラスベガスに不時着するくだりはやりすぎでは?あれじゃ一般人が数百人単位で死んでそうだし、糖尿病の友達が1人が助かるのとバランスが悪すぎると思った。

5月9日 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (録画) 星4つ
10年ぶり。あらためて見ると、ラストのトム・クルーズ大立ち回りがなければ、悩める男の地味な映画。午後ロー録画版だったので、エンディング曲がブチ切りなのはとても残念。

5月11日 風の谷のナウシカ (録画) 星4つ
さんざん見たのにテレビでやってると最後まで見てしまう不思議現象が今回も発動。

5月12日 ミッション・トゥ・マーズ (録画) 星2つ
あらためて見ると、ラストは2001年宇宙の旅を思いっきり噛み砕いた話だったことがわかる。これを見るとキューブリックが宇宙人を登場させなかったことが本当に正解だったことがあらためてわかる。

5月12日 殺人魚フライングキラー (録画) 星2つ
キャメロンの黒歴史を初見。これを見ると歴代興行第1位のスーパー監督も昔は下手くそだったことがよくわかる。

5月14日 タイタンの逆襲 (劇場) 星3つ
前作のクラーケン出現シーンが素晴らしかったので期待して劇場へ。しかしモンスターの出現シーンが細切れで、のめり込む→覚めるのくり返し。しかも大贔屓のビルナイを当人と気づかない大失態。

5月17日 マッドマックス2 (録画) 星4つ
なぜだか一番印象に残ってるシーンが「ブーメランで指を飛ばされるところ」だったりします。1ほどではないけどやっぱり音楽の使い方が変なことにあらためて気づく。

5月17日 マッドマックス/サンダードーム (録画) 星2つ
もしかしたら初見。途中から違う映画になるので面食らう。無垢な子供たちが勝利し、マックスは去って伝説になるところはバイオレンスジャックそのもの。

5月21日 スパイダー パニック! (録画) 星3つ
たとえビデオが道に落ちていても拾わないとSF映画ファンの間で伝説となっている「ジャイアントスパイダー大襲来」クラスの作品を期待したら、まともなパニック映画でした。

5月21日 ブライド (録画) 星2つ
フランケンシュタインのモンスターに殺されるのが、スティングとフィルダニエルズという2人とも「さらば青春の光」のモッズ役なのは、何かの因縁?ジェニファー・ビールスの全裸シーンあり。

5月21日 プリンセス トヨトミ (録画) 星2つ
前半はけっこう良かったが後半はめちゃくちゃ。話がいくら荒唐無稽でも、それを上回る面白さがあれば許せるのに。綾瀬はるかが走り回るシーンしか話題になっていないことに納得。

5月22日 阪急電車 片道15分の奇跡 (録画) 星1つ
サイコばかりが出てくる不気味な脚本を、役者の知名度とウルトラ陳腐なBGMの使い方で無理やり成立させようとしている映画。とにかくBGMの使い方に吐き気がした。たぶん今年初めての星ひとつ。

5月25日 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (録画) 星4つ
NYに突如現れるロボット軍団・基地を襲う羽ばたく飛行機・腕がムチ状の戦闘ロボット・空中の巨大空母、そしてヒーローらしいヒーローとヒロイン。楽しい。

5月27日 2001年宇宙の旅 (レンタル) 星5つ
某所で鑑賞会を開催。数年ぶりに見たけどかなりのディティールまでしっかり覚えていた。これを星5つにすると、他の映画はどうしても4以下にせざるをえないのが最大の問題点。

5月31日 メガ・パイソンVSギガント・ゲイター (レンタル) 星2つ
80年代懐かしアイドルのライバル同士、デビーギブソンとティファニーが主演の怪獣映画。脚本も演出もCGも、ついでに2人の劣化具合もひどい。
==========================================================

今月印象に残ったのが5/22の「阪急電車 片道15分の奇跡」。
冒頭の30分で中谷美紀がサイコパスにしか見えず、見るのをやめようと携帯でYahooレビューを(たぶん1点台だろうと思って)チェックしてみたらなんと4.12点!(ちなみに「2001年宇宙の旅」より高得点)
これほどのギャップがあったのはさすがに初めてだったので、最後まで鑑賞。
普通なら100%途中で見るのをやめて採点ナシだったはずが、久々に1点の映画が誕生。

4月に見た映画のまとめ
3月に見た映画のまとめ
2月に見た映画のまとめ
1月に見た映画のまとめ


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 「3キャリア&スマホに対応したクーポンサイト」の作り方 | トップページ | Apple Mobile Deviceサービスが開始されていないため、このiPhoneは使用できません »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。