« Perfume global site projectに参加 | トップページ | POSERで日米デジャー・ソリス比較 »

2012.04.14

ジョン・カーター見てきた




昨日は映画「John Carter」の初日だったのですが時間が合わず、本日行ってまいりました。目的の大半は「デジャーソリスに会うため」(汗)。

この映画の存在を知った日のブログにもありますが、アバターを見た2年前から待ち焦がれてました。
いや、もっと言えば原作を読んだ小学生のころから数十年待った、が正しいかも。何しろジョンカーターとかデジャーソリスって、ジョンレノンやポールマッカートニーより以前に、親しみを持った外人(?)の名前だったからね。

※以下ネタバレあり。

なのでこの映画は存在してるだけで星5つです。
たとえデジャーソリスが武部画伯のイメージと全然違ってムキムキでも、ジョン・カーターがやけにチンピラ風でも、タルスタルカスが思いの外貧弱でも。

冷静に考えれば星3つ--いや、2つ?(汗)--ぐらいのぬるいファンタジーだと思う。
だって今さら、「政略結婚させられるヒロインが誓いの言葉を述べる寸前に主人公が窓から乱入」とか、「闘技場で予想外の逆転劇を演じて観客が全員味方に」とか、手垢がつきすぎてパロティにもならないエピソードのオンパレードだし。
一番受けてたのは、いかにもディズニーっぽいキャラクターに改変されてた犬のウーラだったし。

でもでも、オレとかこちらのお友達にとっては特別な映画であるはず。
そんな人たちは、物語の途中でデジャーソリスが身分を明かすシーンでゾクゾクするはず。
ラストのカーターの執念に納得するはず。
全国各地に数千人、いや数万人単位でいる……はず(?)。

とはいえ、公開2日目の休日だったにもかかわらず、空席が目立っていたので打ち切りも早いと思います。
楽しみは取っておこうと思って本日はあえて2Dで鑑賞。
近いうちに3D版を見に行かなければなりません。

ひとつだけ心配。
今度見に行ったら、ラストの10分で号泣するかも
たぶん泣く奴は映画館で1人だけだろうが(笑)。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« Perfume global site projectに参加 | トップページ | POSERで日米デジャー・ソリス比較 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。