« 「ルパン走り」の研究 | トップページ | YouTubeパートナープログラムに合格しました(感涙) »

2011.02.07

外付けHDDの「巡回冗長検査(CRC)エラー」地獄




金曜の夜に、外付けHDDのデータを移動しようとすると「巡回冗長検査(CRC)エラー」が多発。
長いことパソコンとつきあっているけど、初めて目にしたエラーメッセージにオロオロ。
調べてみるとデータが破損しているらしい。しかもネットの書き込み(Q&A系)によると「次々とクラスターが破損するので、早めにHDDの交換を!」とあります。
SHUNTLESの曲快傑シシットなどの貴重な(?)音楽データ、さらにCG動画データなどなどが格納されているHDDが破損?!ヤバし!

ということで、対処の覚書。

Check_21)ディスクチェック
イカれたディスクを右クリック→プロパティ→ツールタブ
「チェックする」をクリックし、オプション(「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクタをスキャンし、回復する」)を2つともチェック。
300GBのディスクのチェックに3~4時間?(失神していたので正確には不明)。

2)最適化
チェック終了後、同じ「ツール」メニューから「最適化」を実行。
これも失神していたので正確なところは不明だが、7~8時間はかかったような?

3)ディスク交換
1)2)のおかげで、ファイルは移動できるようになった(一時的?)ので、新しい外付けHDDを買ってきてデータを移動。
データのチェックもやりつつ移動してたら、日曜の夜になっても全然終わりません。
それにしても2T(テラ)の外付けHDDが1万円とは恐れ入りました。


mixiチェック



|

« 「ルパン走り」の研究 | トップページ | YouTubeパートナープログラムに合格しました(感涙) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14372/50798408

この記事へのトラックバック一覧です: 外付けHDDの「巡回冗長検査(CRC)エラー」地獄:

« 「ルパン走り」の研究 | トップページ | YouTubeパートナープログラムに合格しました(感涙) »