« ブリティッシュロックの底力を見た「オースティン・パワーズ・ゴールドメンバー」 | トップページ | YouTubeにコメントをくれた娘がやけにカワイイんでビビった »

2010.10.10

主役はスティーブ・ヴァイ「クロスロード」




「ずっこける」って今ではほとんど死語だと思うのですが、この映画のラストほど「ずっこけ」という形容詞がふさわしい映画はないでしょう。
ロックミュージックをスポーツか何かと勘違いしてる変な映画です。

◆出だしはナカナカ、だったような気がする
出だしは「真夜中に十字路に立って悪魔と交渉してギターの腕を手に入れる」という正統的なものだったかな?
よく覚えてないけど。
その後何があってラストのギターバトルシーンに行くのかも全然覚えてないし、調べる気もないけど、とにかく肝心なのは---。

◆スティーブ・ヴァイ登場
音楽好きの心を捉えたのは、このシーンでしょう。
私は嬉しくて爆笑しました。
予備知識として「悪魔に魂を売ったギタリスト」が登場すると知っていたので、てっきり特殊メイクかと思ったら、そのまんまで出てくるんだもん(笑)。
ここまできて「この映画ガマンして観ててよかった」と思えるんだけど---

◆脱力の対決シーン
なんと結論は「ロックはクラシックにかなわない」で終わり。
だいたいお前、ガキの頃からそればっか練習してるんだから、勝つに決まってんじゃん。
「なんじゃそりゃ感」全開。

普通にこの流れなら「渋いチョーキング一発をキメると、相手が自らの過ちを悟る」とかだと思うんだけど、外人には理解できねえのかな。
禅の心がどうとか言ってるくせに。

◆初めての次回予告
この監督、80年代に撮ったある映画のおかげで「ロック映画の第一人者」的な扱いだったと思うのですが、クロスロードでミソをつけて、それ以降はその映画も光を失ってしまった気がします。
ということで次回は「ストリート・オブ・ファイアー」。

クロスロード(1986年アメリカ)
原題:Crossroads
監督:ウォルター・ヒル
採点:★★☆☆☆(5点満点中2点)
ひとこと:心ある観客はみんなヴァイを応援しています、たぶん。

コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« ブリティッシュロックの底力を見た「オースティン・パワーズ・ゴールドメンバー」 | トップページ | YouTubeにコメントをくれた娘がやけにカワイイんでビビった »

コメント

久しぶりにamazonのレビューを書いてしまった(笑)。
よかったらリンクをたどって「参考になった」をクリックしてちょ!

投稿: ghid | 2010.10.10 13:13

しかも、実際の音は全部ヴァイというオチまで。

投稿: ぎあ | 2010.10.10 13:13

DVDが出るはるか昔、
どうしても見たくなってレンタル落ちのVHSを探し出して買ったけど、
ラストで椅子からひっくり返りましたわ、これw
監督がその前に作った「ザ・ドライバー」は大好きな映画で、
そのカーアクションはその後の映画にも影響を残したいい作品だったけどねぇ。
監督より主演した役者のほうが長く落ち込んで大変だったみたい。
今見ないなと思ったら、テレビに活動を移しているようだけどね。
音楽っつーか、
ブルースの神様を怒らせちゃったのがいけなかったのかな?(^^;

投稿: 北斗の弦 | 2010.10.10 15:43

そうそう、そのクラシックを実際弾いてるのはVAIだっていうのも含めて、なにがいいたいのかよくわかんない映画で大好きどす。この映画からVAIの大ファンになったワタクシ、、、(笑)

投稿: まみ | 2010.10.10 17:51

ぎあさん<
そう、一時はライ・クーダー説も出ててちょっと混乱してました。

北斗の弦さん<
ラルフ・マッチオが落ち込んでたって初めて聞きました。ソースがあれば教えて。
そういやリメイクのベスト・キッドには出てないんだっけ?

まみねえ<
この映画は「幻のバッハの曲を探し求めて旅に出る」映画なら、ラストはあれで良かったんでない?ブルースなんて寄り道は無駄だったってことで(笑)。


ところでamazonにあった以前のDVDの評は大絶賛なんだよね、なんでやろ?
過去のDVD評

投稿: ghid | 2010.10.10 18:35

あれ? そうだったんだぁ。
ラルフのパートはライクーダーが弾いてると、
いまのいままで思ってました(^^;
にしてもラストの曲、モーツァルトじゃなかったけ?
冒頭のジュリアードのシーンでラルフがモーツァルトをブルージーに弾き倒して、先生から
「普通はもっとモーツァルトに敬意を払う」
とか怒られてたような……。
記憶違いかもしれんですが(^^;

旅に出たのはウィリーブラウンが悪魔との契約を解除するため、ラルフに
「ロバートジョンソンの曲は全部で29曲じゃない。30曲目を俺が知ってる。クロスロードまで連れてってくれたら30曲目を教えてやる」
とか嘘ついて、医療刑務所からの脱走を手伝わせたんすよね、確か。

落ちは盛大にコケましたが(笑)、それでもロバジョンを再認識させてくれた映画で、好きな映画です。

俺って変?(笑)

投稿: chosa | 2010.10.10 22:40

chosaさん<
え?モーツァルトなんですか?(汗)
ライ・クーダーorスティーブヴァイ問題が決着したと思ったら、また新たな問題が。
たぶんビデオを見て正確に答えられる人はここには来ないと思うので、迷宮入りだと思いますが(笑)。

>俺って変?(笑)

いや、amazon評はなぜか4点台だし、IMdbでも6点台だから、世間の評価はここほど悪くはないみたいです。安心してください(笑)。

投稿: ghid | 2010.10.10 23:29

やっぱり気になったんでちとググってみました(^^;
ブルースよりも偉いヘヴィメタよりも実はもっと偉かったクラッシックナンバーは……(爆)。

パガニーニの「24の奇想曲」のようですね。
いろいろ探してみたけど、5番の一部ではないかと……(^^;
http://www.youtube.com/watch?v=amfCqFUMBkY
ちなみに、ジュリアード音楽院内のレッスンのシーンでは
この曲とモーツァルトの「トルコ行進曲」を弾いていたそうです。
で、ブルージーなトルコ行進曲に教授が切れたと(笑)。

そういや映画の初っぱなのシーン、ロバジョンのレコーディング風景を再現してて、あれだけで感動したのを覚えてます。

音が単純なもんで(^^;

投稿: chosa | 2010.10.11 00:19

音が単純てなんや(笑)。
もちろん「根が単純」の誤変換です(大汗)。

投稿: chosa | 2010.10.11 00:20

chosaさん、調査ご苦労さまです・・・言ってみたかっただけです。
パガニーニね、オレが探したら迷宮入り確実だったな。
レコーディングの再現シーンなんてもちろん覚えてないし、ブルージーなトルコ行進曲も上に同じ。
やっぱここまで書いた以上は見ておかないとヤバイかな(笑)。

投稿: ghid | 2010.10.11 01:01

Chosaさん、ラルフマッチオが普段やってるブルース曲の演奏はライ・クーダだったよ。対決シーンのVAIのパートとラルフマッチオが弾くパガニーニはVAI。だったとおもった。もう20年前の記憶ですが(^^; 
ライ・クーダのスライドってきれいすぎてDuane Allman好きの私的にはやっぱりいまいちだなぁ、なんて思いながら何度もみた覚えが。あ話がそれた。

投稿: まみ | 2010.10.11 09:14

おーーーーーー、いつの間にやら「クロスロード」が
上がってる~!!!

いやーこの映画、是非コメントしてもらいたくて、お渡ししようと
昔のVHSをDVDにペケペケした(一応自粛)所だったんですよ~。
(ちなみにリストの時の不遜コメントはそれの前フリ)

しかも、予想通りと言うかLASTのバトルに非難轟々(爆。

いやー20数年前に、友人と夜通し話した思い出が懐かしい。
曰く、
*クラシックが勝っちゃうて、何あれ???
*しかしながら、対決シーン何度も見てしまうのは何故??ww
*LASTに至るまでのSTORY、、、と云うか
 主人公の行動に共感してないか、、俺たち?
*これだけ、ギターを弾くシーンがチャンと撮られている のは、
 ケッコウすげぇーぞ。
 お前、ラルフ・マッチョほどギター弾けるか???
*ヴァイが負けた後、さっさとラルフ側に乗り換えて
 ノリノリで踊ってる黒人のダンサーの態度ってどうよ?
 ドライ過ぎないか??→ いや、あれが現実だ。。
*撮影してた頃って、アルカトラズにイングヴヴェイの
 後釜で入ってた頃だろう・・?
 クラシック奏法に負けるってオチも、本人も
 何か複雑だったんじゃねーの・・・??

 等々と、ドーでも良い事を延々話していたのでありました。

・・・・で、思うにこの映画、「ロック映画」ではなく
 「ギター小僧、万歳!」映画なんでしょうねぇ、、。

  

投稿: あおやん | 2010.10.11 14:23

あおやん<
元々はあおやんのリクエストだからね、熱い反応ありがとう。つか自分の日記とかに書けばいいのに(笑)。

幻のパガニーニの曲を求めて旅をする少年ギタリストは、ギター悪魔と対決し、聴いたことがないはずの幻の曲を弾くことでで勝つことができた。潜在意識のなせる技なのかも知れないが、とにかくメタルの悪魔は去った。
ロックやブルースなどという取るに足らない音楽に寄り道したけど、やっぱりクラシックが最高さ!
クラシックギター小僧、バンザイ!

って映画なら、あのラストで納得です。

投稿: ghid | 2010.10.12 14:57

コメントを入れたがSpam扱いされたのか出てこねー(涙)

ラルフ・マッチオが一時期、全く映画に出てないってことだったはず・・・(^^;
あと、ラルフ・マッチオが出た「いとこのビニー」って映画はすっごく面白いぜ、
ってなことだったと思う。
ロックな映画じゃございませんけどね。

あと、部屋を整理してたらVHSの「クロスロード」が出てきたよ。
売れないよねぇ、これ?

投稿: 北斗の弦 | 2010.10.16 03:05

あと全くどうでもいいが、
「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」は「クロスロード」をパロディにでもしてるんじゃねーか?、
みたいな気がしてきた(笑)
あっちは最高に下らない映画だったけどねw

投稿: 北斗の弦 | 2010.10.16 03:08

北斗の弦さん<
URLを入れるとスパム扱いされることもあるみたい>ココログ
以前は大丈夫だったんだが・・・
「運命のピックをさがせ」は知らなかったよ、リストに入れておきます。でも「スクールオブロック」がダメなオレが受けつけるかな?

投稿: ghid | 2010.10.16 13:41

↓「テネイシャスD」の予告編はこれ
ttp://www.youtube.com/watch?v=TXxQFMG86HA

下品なシーン満載で、
しかもストーリーもムチャクチャなんで、決して誰にでもお薦めはできません。
少なくとも「スクール・オブ・ロック」よりは大人向けだけどねぇ~w

投稿: 北斗の弦 | 2010.10.16 23:24

噂はかねがね聞いていたので(めちゃくちゃだよ、という)先日、ヨドバシで買おうか迷ったのですが、やめといてよかったです。

投稿: 専太郎 | 2010.10.19 07:08

専太郎さん<
ただ、本当に意外なほど世間の評価は高いし、ここの意見でもバトルまではイイ話らしいですね、私は全然覚えてないけど。

投稿: ghid | 2010.10.19 23:46

この記事へのコメントは終了しました。

« ブリティッシュロックの底力を見た「オースティン・パワーズ・ゴールドメンバー」 | トップページ | YouTubeにコメントをくれた娘がやけにカワイイんでビビった »