« POSERでロックバンドその?「セクシーダンス」 | トップページ | 中学生の妄想が炸裂「ロックスター」 »

2010.09.18

「シャイン・ア・ライト」悪魔を憐れむ歌のギターソロはあれでいいの?




シャイン・ア・ライトはDVDで見ました。

◆「悪魔を憐れむ歌」のギターソロ
イントロ部分のマーティン・スコセッシの小芝居も楽しく鑑賞。1曲目のジャンピンジャックフラッシュから、キースの音は相変わらずヨレてるなぁ、なんて思いながら進むうちに・・・。
「悪魔を憐れむ歌」のソロで「これはいくら何でも」という気持ちが高まってきました。
あまりにも弾けてなさすぎでは?

◆ロックとテクニック
言うまでもないことですが、ロックとテクニックは関係ありません。
テクニックが好きならフュージョンでも聴いてろよ(byタマフル9/11)、ってのはまったくそのとおり。
この点に関しては私は一切ブレがないと思っていたのですが・・・。

◆自問自答クイズ
ここで唐突に自問自答クイズ。
「ロックとテクニック」に関する設問に、YesかNoで答えています。

60年代)ビートルズの「The End」のギターバトルは、テクニックでは劣るがパワーとエモーションでジョンレノンの圧勝→Yes

70年代)何だかんだ言って「勝手にしやがれ」のスティーブジョーンズのギターは最高→Yes

90年代)「Smells Like Teen Sprit」のイントロにぞくぞくした→Yes

00年代)シャイン・ア・ライトのキースのソロこそロックである→・・・No


いや、確かにオーバーダブもせず老いた姿をそのまま晒す、ってのはロックなのかも知れない。
でもオレにはちょっと耐えられなかった。
そう思って見ると、多少は安定してると思ってたコードストロークも、メンバーに合わせてもらってるのが痛々しい。
キースにはギター1本でバンド全体を引っ張ってもらいたいのに・・・。
どうしてもそう見えないのよ、薄目で見てもね。

なのでこの先、ストーンズの映像とか見なくなるような気がしています。
この映画が好きな人ごめんなさい。
異論反論あればもちろんどうぞ。

◆映画ではないけれど
読み返してみるとあんまりなんで、私が好きなビデオを貼っておきます。
映画の1シーンではありません。

シャイン・ア・ライト(2008年アメリカ)
原題:Shine a Light
監督:マーティン・スコセッシ
採点:★★☆☆☆(5点満点中2点)
ひとこと:どうもマーティン・スコセッシの音楽映画って合わないみたい。

コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« POSERでロックバンドその?「セクシーダンス」 | トップページ | 中学生の妄想が炸裂「ロックスター」 »

コメント

同感です。
キースのライブなら、私はStill Lifeが好きです。

投稿: こっし | 2010.09.19 00:11

あぁ誰かに怒られるかと思ってビクビクしてたから、このコメントは力強い。
この映画、妙に評判イイんだよね。
みんなミックの方が好きなのかなぁ。

投稿: ghid | 2010.09.19 00:38

この記事へのコメントは終了しました。

« POSERでロックバンドその?「セクシーダンス」 | トップページ | 中学生の妄想が炸裂「ロックスター」 »