« 歌え!快傑シシット | トップページ | バンドおやじはビデオカメラを持つと正気でいられなくなるらしい »

2010.08.25

まともな映画だった「40歳のロックデビュー」




Rockerゴミ映画「プテロドン」を見て、よくできた映画以外からも学ぶところが多いことを知りました。
たぶんこのDVDも以前なら借りなかったでしょう。
「40歳のロックデビュー(原題「The Rocker」)」は日本語タイトルもジャケットのキャッチコピー(「ロックがあれば服なんかいらねぇ!」)もひどいし、内容もきっとツッコミどころ満載だと思ってたら・・・。

このブログのタイトルどおり、きわめてまともな映画でした。
同タイプで、ずっと有名な「スクールオブロック」よりも私は断然好き。
ここを見てくれてる数少ない方にも楽しんでもらえるかと思ってご紹介いたします。

以下完全ネタバレです。


◆あらすじ
20歳のロックバンドがデビューするにあたり、ドラマーが切られる。
レーベルの社長の息子を新ドラマーに据えたそのバンドはあっという間にビッグネームに。
20年後、捨てられたドラマーは甥っ子の高校生バンドに加入。
単なる学園祭バンドだったが、あることがきっかけでブレイクしてメジャーデビュー。
頭角をあらわした高校生バンドと20年後も活躍しているビッグネームが共演することに。
ステージであることが起こり、立場が逆転、カタルシスすっきり!

◆ツッコミどころがあんまりない!
ロック映画はたくさん見ているので、私にはツッコミどころが見えると思ってました、一般の人より少しは。
ところが、「なんでそーなるの?!」的な納得のいかない展開がありません。
「これの伏線あったか?」っていう細かいのはいくつかあるけどね、さほど気にならないレベル・・・かな。

◆ブレイクのきっかけ
高校生バンドがブレイクするきっかけが面白い。

→4人のメンバーがネット上でリハ
→WiFiを使ったシステムはキーボードのオタク野郎が構築
→よくある4分割の演奏画面
→ドラマーのオヤジは暑いので全裸で演奏
→オタク野郎の妹がそれを勝手にYouTubeにアップ
→あっという間に100万アクセス、大手レーベルと契約

全裸で演奏してYouTubeから削除されないの?とか、この程度の映像じゃ100万アクセス行かないだろ?とかの弱ツッコミはありますが、納得度の高いシークエンスでした。

◆世代のギャップ
でもってこのバンドがツアーに出ることになるんですが、40歳と17歳のツアーに対するスタンスの違いも面白く描かれてます。
ライブが終わるとオヤジドラマーはグルーピーさがし、高校生3人はホテルに帰ってテレビゲーム。
さらにオヤジは(三輪)車でプールに飛び込んだり、火を吹いたり、これでもかとオールドロック的なふるまいを見せつけます。
あげくの果てにホテルの部屋をめちゃくちゃにしてテレビを落として警察ざたに。

ただ、ビックリするほどドラッグに関する描写はナシ。
タバコすら画面にほとんど登場しなかったような。
さらに言えばセックスシーンも一切ナシ。
21世紀のロックンロール映画はセックスもドラッグも関係ないものなのでしょう、きっと。

◆逆転のきっかけ
そのあと定石どおり分裂→復活の途をたどり、いよいよ自分を捨てたバンドとの共演。
私はてっきり相手が改心して、最後は一緒に演奏してめでたしめでたし、なのかと思ってたらそんな甘くありませんでした。
まずは高校生バンドが演奏して盛り上がり、そのあとビッグネームが登場して、もちろん会場は熱狂の渦、なんですが---
口パクがバレて大ブーイング。
会場からの高校生バンドを求める熱烈な声に応じてビッグネームは退散、主人公が再登場、という流れでした。
アメリカでは口パクは未だにこれほどのご法度なのかね?ロックバンドだから?
いずれにせよあのPAは絞首刑だな(笑)。

◆異例(?)のセルDVD化
この映画、謳い文句では「TSUTAYAでしかレンタルできない」というものでしたが、amazonでは9月2日発売となっていました。
TSUTAYAでは「準新作」だったので、それほど新しいリリースではないはず。
もしかしたら評判が良いので、後からセルDVD化したパターンなんでしょうか?正確なところはよくわかりません。

見るとジャケットもイロモノっぽさが減少してて、「お好きな作品をお手元に!」パターンの廉価版なのかも知れません。
それにしても、このジャケットだとますますジャック・ブラックそっくりに見える(笑)。

ひとつ書き忘れ。
やや残念なのは、劇中で演奏される曲がどれもイマイチなこと。
オレの好きな「スティル・クレイジー」の楽曲とかと比べちゃうとね~。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 歌え!快傑シシット | トップページ | バンドおやじはビデオカメラを持つと正気でいられなくなるらしい »

コメント

デビューにあたってドラマーがクビになるなんて、よくありすぎて泣けるシチュエーション…

と期待通りのコメントをつけてみるテストw

投稿: jojo | 2010.08.25 20:09

期待どおりのコメントさんくす。
返却してから知ったんだけど、実はピートベストがちょい役で出てたそうです。
チェックが甘かったぜ!

投稿: ghid | 2010.08.25 21:02

>「40歳のロックデビュー」

え?40過ぎると映画のタイトルになるほど遅咲きなの?

投稿: しゅんすき | 2010.08.25 21:22

そうです、なのでshunsukyさんが今からデビューしたら映画どころか臨時ニュースになります。

投稿: ghid | 2010.08.26 00:09

スクールオブロックは、ねぇ。ですよねぇ。

こっちは、面白そうじゃないですか。

今度、高校生の息子たちのバンドをライブにださせますが、確かに、打合せと称して、部屋でスーパーマリオ大会をやっています。

投稿: 専太郎 | 2010.08.28 11:27

で、マリオの横で専太郎さんはテレビを投げてるのですね、わかります。

投稿: ghid | 2010.08.28 17:59

この記事へのコメントは終了しました。

« 歌え!快傑シシット | トップページ | バンドおやじはビデオカメラを持つと正気でいられなくなるらしい »