« 3DCGシンデレラストーリー | トップページ | ホラー映画風フェイク予告編 »

2009.12.31

2009年のラストにリアルっぽいムービーを作ってみた




少し前から「DAZ Studio」という3DCGソフトを使ってみたくて仕方なかったのですが、日本版がないので手を出しかねてました。
英語のマニュアル読むのはキツいからね。

やっと時間ができたので、一昨日からマニュアルと格闘&いろいろなサイト(主にこちら←大感謝)をカンニングしてできたのがこのムービーです。

このムービーに限っていえば、主役はけだるく踊ってるねーちゃんでは全然なくて、バックの寺院(?)です。
Movie Maker for DAZ Studio」というプラグインを使っています。
今までPOSERで作ったムービーは、バックは完全に書き割り(フィギュアの後ろの板に写真が貼ってある)でしたが、この寺院のセットは360度どこでも写せます。
でも実際にこんなに巨大なセットを3Dで作ったら、普通はデータが重すぎて動かなくなってしまうのですが、実はこれもよく計算されてできてる書き割り(=写真)なのだそうです。
スゲー。

ということで、以下、ウザイ解説。

◆無表情で踊ってるねーちゃんはヴィクトリアというフィギュア。DAZスタジオのデフォルト。まったく思い入れナシなので、足りないシーンでテストムービーを復活させたりして髪型が変わっても気にしない。
◆実はPOSERと親和性が極めて高いので、過去に自分で改造したフィギュアデータのインポート&エクスポートはできるらしい・・・んだけど、現時点ではうまく読み込めてない。レギュラーバンドがこのセットで演奏できればすごくいいんだけど。
◆曲は最初にPOSERムービー用に作ったこの曲。最初はオリジナル音源をあてるつもりだったけど、けだるい雰囲気に合わなかったので急遽アレンジ。エスニックなメロディーの引き出しが少ないので、やりくりが大変です。


→「ホラー映画風フェイク予告編」へ


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 3DCGシンデレラストーリー | トップページ | ホラー映画風フェイク予告編 »

コメント

先日の納会では大変お世話になりました。

おかげさまで、楽しくすごさせていただきました。

来年は、一緒にストーンズやりたいですね。

beast of burden 理由は分からないのですが、なぜか見落としていました。残念です。

今年の前半に産油国関係のパンフレットを作っていて、このようなイスラム寺院の写真の選定をずーっとやっていました。

よくできていますねぇ。

建物の庇のカーブとかそそられますよね。なんか。

金髪のヴィクトリアちゃんは、「ねぇ、まだおわんないの」って感じでこれもまた風情がありますね。

今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。

投稿: 専太郎 | 2009.12.31 15:06

いやぁ、創作意欲衰えませんねぇ、スゴイなぁ。

曲も微妙でなかなかイイですな。

投稿: きてれつ | 2009.12.31 17:04

専太郎さん<
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。ストーンズやりましょう。ちなみに先月作ったビデオのイントロはもちろん「Beast of Burden」を意識しています、カッコよさは遠く及びませんが(笑)。
ビーストオブバーデンぱくり

きてれつさん<
あけましておめでとうございます。
何やらすごいメンツのバンドをやってるようですね、気が向いたら見にいきますので活動停止しないようにお願いします(笑)。
よかったら私の曲カバーしてください・・・

投稿: ghid | 2010.01.02 00:59

この記事へのコメントは終了しました。

« 3DCGシンデレラストーリー | トップページ | ホラー映画風フェイク予告編 »