« CDソフトケースを家賃に換算 | トップページ | アメリカからのファンレター »

2008.10.05

グーグーだって猫である




・猫好きのあまり命を落としかけた
・吉祥寺にたまに行くので多少土地勘アリ
・何よりも犬童一心監督の「ジョゼと虎と魚たち」が邦画ベスト


であるわたくしは、この映画は絶対楽しめるはず。
近所の映画館では来週打ち切りなので、急いで見てきました「グーグーだって猫である」。


映画が始まってからしばらくは星5つ

・猫づきあいとマンガを描く以外はダメそうな小泉今日子
・その先生を心底敬愛している上野樹里
・森三中の明るさと楽しさ
・突然カメラ目線になるマーティフリードマン(←アメリカンショートヘアのグーグーの化身?とずっと思ってた)
・グーグーの足音と発情を表現した合成音
・ところどころ知ってる吉祥寺の風景
・カメオ出演の楳図かずお(これは↑と同じ? 笑)

などなどがどれも好ましく、これは久々の個人的殿堂入り映画なりそう、と思ってたら・・・


加瀬亮が出てくると、その古臭い演出で星ひとつマイナス(注:加瀬亮自体はけっこうヒイキしている)。
初めて会った美人(←小泉今日子ね)を、「お前」呼ばわりする男が今どきいるんか?
森田健作の青春モノかと思ったよ。
「あ~あ、もっとセリフがちゃんとしてて恋人役が堺雅人とかだったら確実に殿堂入りなのに、惜しいな~」なんて思ってたら・・・


ラブホ街のドタバタがひどかった。
1秒も笑えないどころか、寒すぎて着席してるのが苦痛。
ここで一気に冷めて星2つマイナス


以降は冷めたままでした(上野樹里の説教やチアリーダーのシーン、マーティフリードマンの正体についてはもう言うまい)。
個人的採点は5点満点で星2つ。
本当に「惜しい!」の一言でした。


この監督は脚本を書かない方がいいかも、というのが正直な感想です。
渡辺あやとまた組んでくれないかな。
明日は気を取り直して個人的殿堂入りの「ジョゼと虎と魚たち」を見てしまうような気がします。


などと言いながら、DVDが出たら買うかも。
嫌いなシーンは飛ばせばいいんだしね。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« CDソフトケースを家賃に換算 | トップページ | アメリカからのファンレター »

コメント

わかりますわかりますわかりますわかりますわかります

原作がエッセイ漫画だから、どうでも作りようがあったろうけど、誰か「それマズくないっすか?」っていう人はいなかったのだろーか。かなり謎。

この監督、大島弓子好きなのはわかるけど、だったらなんでこんな中途半端な壊し方するのよー!と思いました。無駄なエピソードが多い。マーティとか正直いらねえだろ、と思ったし。

なんで、わたしも☆2つ。

キョンキョンとグーグーはよかったです。

投稿: スミレ | 2008.10.05 06:40

スミレさん<

>それマズくないっすか?

思ってるスタッフはたくさんいたはずだけど、誰も言い出せなかったんかね?だとしたらかなりヤバイ。

以前「アルマゲドン(←石油採掘者のブルースウィリスが小惑星を破壊する映画)」で、探検車に機銃がついてたの覚えてる?当初は宇宙怪獣が出てきて戦うプロットがあったらしい(爆笑)。
当時は「これはマズい!これはやめよう!」ってスタッフが猛反対したという憶測が飛び交ってました。

投稿: ghid | 2008.10.05 13:16

まあ、あのドタバタは私も(というか、好意的に観た人は
あまりいないのではないかと思われ。
ただ昨今のテレビのお笑いのくだらなさそうな(観てないから知らない)
のが好きな人にはどうなのか実はわからんが)
全くなくて良いシーンだとは思ったけど。
監督が予々やりたかったんだよ、きっと。あるじゃんそういうの。
(日記に、マイナス点がないわけじゃないと書いたのは主にココ。
 あとは松原智恵子の母の演技も個人的には× とか、バンドマンの彼氏周りの
 話は総じてどうでもいい とか ←いっぱいあるじゃん(笑))

でも、トータルではいい映画だったよなあ ていう印象なんだけどねー。
この違いはナニ?
あ、あと加瀬亮にはなんの違和感もナシ。

ところで、そういう感想の私だけどDVDは100%買わないよ?(笑)

投稿: らび | 2008.10.06 19:31

らびさん<
最大の違いは犬童監督作品への期待度かな?
ジョゼにやられすぎてハードルを高く設定しすぎてたのかも。
松原智恵子は全然引っかからなかったな。
加瀬亮と併せて考えると面白いもんだね。

DVDが見たい主な原因は実はコメンタリー。
レンタルだと入ってない場合が多いから。
どんな言いわけするかと思って(笑)。

投稿: ghid | 2008.10.07 01:19

>最大の違いは犬童監督作品への期待度かな?

んで、ヒミコは観たんだっけか?
犬童監督×細野サントラ っつ意味では私の期待度も相当だったけど。
勿論、ヒミコには遠く及ばなかったけど、逆に言うと
そこまでの期待はしてなかったというか(笑)

やっぱぎどさんが予てから言ってるように、キーは渡辺あやなのか。

投稿: らび | 2008.10.07 11:42

ヒミコはね~一番ワクワクしたのは「また逢う日まで」のダンスシーンで、あとはあんまり心に残ってないんだよね実は。

どうもオダギリジョー(←役名が出てこない)が斉藤に見えたり、ヒミコがニフティの某先輩に見えちゃったり(笑)。
と書いて気づいたんだが、グーグーの登場人物をぜんぜん役名で呼んでないな。ジョゼとか恒夫とか言ってるくせに。

>渡辺あや

確かに。
「天然コケッコー」って受賞も多いし、機会があれば見てみるかも。

投稿: ghid | 2008.10.08 00:50

この記事へのコメントは終了しました。

« CDソフトケースを家賃に換算 | トップページ | アメリカからのファンレター »