« ビートルズ/青の時代の50曲 | トップページ | 自動作曲ソフト「オルフェウス」 »

2008.08.31

ダークナイト




凄まじいまでの評判の高さにつられて先日見てきました、映画「ダークナイト」。
20時15分からの最終回で、外は雷雨。
この映画を見る絶好のシチュエーション(実は「暗黒の夜」ではなくて「暗黒の騎士」だったんだが)。


まず脚本がイイ。
バットマンと熱血検事(←のちにモンスター化)とヒロインの三角関係の物語だけだと暗くて陰鬱。
バットマン対ジョーカーの物語だけだと薄っぺらくなりそう。
この2つをうまく融合させてます。


最大の欠点は、「前作(バットマンビギンズ→)を見てないと、映画の前半はついてこれないかも」ってこと。
前作でのお約束(「ヒロインはバットマンの正体を知っている」「ゲイリーオールドマンがバットマンの理解者」「スケアクロウは前作の敵役」とか)を知らないと、意味がよくわからないカットがいくつもあると思う。
幸いこのエントリを読んで前作を見ていた私は、置いてけぼりを食わずにすみました。


【以下ネタバレ】


ネットで大絶賛のジョーカー(=故ヒースレジャー)ですが、私にはちょっと物足りなかった。
もっと残酷な面を見たかった。
怯える相手の頬を笑いながら切り裂く、とかね。頭の中では「イイ男になったじゃねえか!ギャッハッハ」っていうジョーカーのセリフが用意されてたんだが、実現せず。

・・・タランティーノの見すぎ?(R-15映画ではないので無理か)


ジョーカーが「トゥーフェイスの生みの親」という設定になってるので、バットマンやトゥーフェイスよりも1枚も2枚も上手という印象になってます(さらに前作の敵役スケアクロウはもう1ランク下)。
結果、バットマン対トゥーフェイスの対決クライマックスは、逆恨みでゲイリーオールドマンの家族を巻き込む、というワケのわからないものになってしまった。
あそこはやはり、三角関係の3人で決着をつけたかった場面なのでは?(ジョーカーのせいでヒロインが死んじゃってるんで無理なんだが)


なんといっても役得すぎるよジョーカー。
バットマンは「正義とは?」とか悩むくせに、ジョーカーは悪に絶対の確信を持ってるので見てて爽快。
鑑賞時は「ジョーカーが悩む場面もあるかな?」と思ってたんだけど、そんなの一切ナシ。
フルスロットルで狂気を演じてます。
クレバーな狂人って、役者だったら誰でもやりたがるんじゃない?


以下、ジョーカー役をやったらハマりそうな役者ランキング(年齢不問)。
他の役で出てるゲイリーオールドマンと、昔演じたジャックニコルソンは除外。

3位:デニスホッパー
「ブルーベルベット」のフランク!

2位:マルコムマクダウェル
ジョーカーが出てきた瞬間から「時計仕掛けのオレンジ」のアレックスを連想。

1位:クリストファーウォーケン
ヒースレジャーのジョーカーで唯一不満だったのが「もうちょっと手足がひょろ長くてトランプのジョーカー的な、ナイトメアビフォークリスマスっぽい体型だったらいいのにな」と思ってました。
クリストファーウォーケンなら申し分なし。
狂気を演じさせたら折り紙つき。


・・・って、オレってばジョーカーのことばっか書いてんじゃん。
何だかんだ言っても魅了されてしまったらしい。
もう1回見にいってしまいそうな予感。


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« ビートルズ/青の時代の50曲 | トップページ | 自動作曲ソフト「オルフェウス」 »

コメント

ああっ、なんと私もmixiにれびゅー書いてたトコロだったのに、なんつー偶然。

投稿: ざずぅ | 2008.09.01 00:32

やっぱりチューニングが合ってるのかね?
ちみのmixi日記にも「オレのブログを見ろ」って書いちゃったよ。

ところで他にもジョーカーを演じさせたい役者思いつく?
ざずぅだったらやっぱりティムカーリーかオブライエン?

投稿: ghid | 2008.09.01 00:54

ティム・カーリーよりオブライエンでしょう。

ちなみにハーヴェイ・デント役で実際に候補に挙がっていた俳優は、マット・デイモン、ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール!(実現してたら姉弟のキスシーンがあったって事)他だそうです。どうでも良いか。

投稿: ざずぅ | 2008.09.01 01:10

なるほど、このサイト、トリビアもあるのか。
よく読むと「ジョーカーの演技は時計仕掛けのアレックスとシドビシャスを参考にしている」ってのもあるね。

投稿: ghid | 2008.09.01 20:36

この記事へのコメントは終了しました。

« ビートルズ/青の時代の50曲 | トップページ | 自動作曲ソフト「オルフェウス」 »