« 自称ミュージシャンの月収 | トップページ | 鳴っておくれよOXYGEN8 »

2006.01.04

年末年始のテレビ




な~んてタイトルの割にはあんまり見てないかも。

12月30日
SASUKE2005冬
某サーバのデータを更新しながらダラ見。
山田さん第1ステージであえなく失格。

大奥~華の乱スペシャル
引き続き更新作業をしつつダラ見。
小池栄子とか藤原紀香とか別ジャンルから出てきたのにここまでになって、大したものだとしみじみ思います。
綱吉は伊東甲子太郎。

ゴジラFINAL WARS
録画したものを更新作業をしつつダラ見。
しょうもない映画だったけどX星人のボスの演技に爆笑。
さっきまで柳沢吉保だったんだけど。

B0002JDUW4ジョゼと虎と魚たち
作業は続くよどこまでも。
ゴジラをやってたチャンネルがそのままDVDにセットされていたので偶然見ることに。

この映画、タイトルだけはおぼろげに知ってたけど内容はおろか出演者も知らず、勝手にオダギリジョーのサーファー映画だと思ってました(なぜかは自分でも不明)。
「ジョゼ」なんておフランスっぽい響きだし、おおかたセリフの少ないスカした一人よがり映画だろうと思ってたら、全然違ってました。
10分ほどで画面に引き込まれて作業をストップ。

あえて内容には触れません。
逆にあらすじを書くと「え?そんなの面白いの?」って思う人多数でしょう。
結論から言えば年末年始に見たものの中ではダントツでした(私信:ここを見てるであろう監察方には申しわけないが)。

淡々とした作風なので、見た直後よりも何日か後にじわじわとボディブローのように効いてくる映画です。
主演の池脇千鶴も妻夫木聡も巣晴らしかった。
特に池脇千鶴。ファーストシーンとラストシーンの顔があんなに違うなんて!
脚本も最高、というか日本映画でツッコミどころがまったくない映画って初めてかも。

出演者についてもう少し。
勘定方の河合耆三郎が遊び人風の役、某ドラマーがヒイキしている上野樹里が敵役で出てきます。


12月31日
PRIDEK-1
吉祥寺じおじお家でZAPPING。
ヒョードル対ズールを見逃したのが心残り。


1月1日
MTVを4時間ぐらい
そのまま吉祥寺に居座ってダラ見してたのですが、驚いたことにじおじおとオレが気に入ったビデオが4時間のうち1曲しかありませんでした。
やっぱり聴きたい曲は自分で作らないとダメだな、とさりげなく年頭の所信。


1月3日
新選組!土方歳三最後の1日
心情的にはこれが年末年始のベストと言いたいところですが、前述のとおり「ジョゼ」を見ちゃったからね~。
残念だが仕方がない。
なんたって時間が短い。1時間半では新メンバーが追いつくのがやっとだったのでは?旧メンバーは1年間かけて役作りをしてきたわけだし。
とはいえ榎本、大鳥はしっかり作りこまれてて、この人たちの続きをもっと見たい、と思いました。

リンク先のトラックバック数が現時点で79件になってますが、どこまで行くかな?


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 自称ミュージシャンの月収 | トップページ | 鳴っておくれよOXYGEN8 »

コメント

監察の島田です。

最期の1日 に関しての感想はほぼ同じ。
なんといっても短い、に尽きるねえ。新メンバーが追いつくのも勿論だけど、
こっちとしても、1年かけて(途中で死んじゃったヒトも多いけどさ)
思い入れてきた隊士に対して、1時間半じゃ所詮顔を覚えるのがやっと。
でも90分でよくあそこまで纏まったモノを作ったなあ と三谷幸喜には改めて感服しましたが。
それにしても、土方齋藤が並んで登場した時には、どうしようかと思った。

ところで、そこまで言われると、そのオダギリジョーのサーファー映画
(だから違うって言ってるのに(笑))を観てみたい気がします。
今度借りてこよう。

あとさー、山南さんと齋藤一がヘンな役で出てたとかいう
深夜ドラマ「嫉妬の香り」っていうの、知ってる?
 DVDに(ビデオにすら)なってないのが、近々CSなんだかでやるらしいんだけど、
見られたりしないよね?

あ、もひとつ。どうでも良いけど、「最後」じゃなくて「最期」ですから。 
なんて、日能研の漢字テストみたいだなあ(笑)

投稿: 島田 | 2006.01.05 23:47

シマダさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

会社では榎本武揚の顔の大きさが話題になりました。
結論としては「歌舞伎役者なので顔は大きくて正解」「むしろ土方の顔が小さすぎる」ということに。
大河で顔の大きさがつりあっていたのは優香だけだったのでは?(お雪、もう離さない)

ジョゼについて。
実はこの監督の最新作は「メゾン・ド・ヒミコ」なので、オダギリサーファー映画ってそんなに遠くもないかも。
両方とも見るのがよろしいかと(ヒミコは未見ですが)。

「嫉妬の香り」はダメダメドラマで有名なのでは?
CSが見られないのが残念。

しかし本当に残ったのは2人だけになってしまったな(笑)。

投稿: ghid | 2006.01.06 17:34

こんなことなら、尾関には誰かアテておけばよかったね(笑)

投稿: らび | 2006.01.07 00:07

この記事へのコメントは終了しました。

« 自称ミュージシャンの月収 | トップページ | 鳴っておくれよOXYGEN8 »