« 「さらば青春の光」の主人公の行方 | トップページ | ジモピーラジオ »

2005.05.03

映画を超えた名画「デビルマン」




devilman昨日のblogに書いた「さらば青春の光」を借りようと思ったけど、DVDがなかったので「デビルマン」を借りてきました。
そうです、昨年公開されて伝説の映画となったあのデビルマンです。

ネット上ではこの映画に対してこれ以上ない悪口雑言が投げつけられています。
ここでくだくだしく書きませんが、非難の対象は

  • 主役アイドル2人の演技力
  • CGの安っぽさ
  • 原作を冒涜する脚本
  • 富永愛のコスチューム(←笑)

に集約されているようです。
 ↓
参考サイト「デビルマンを徹底的に叩く!」

で、予備知識十分で見てみました。
確かに主役の演技はひどい。でもしょーもないバラエティ番組のおかげで目も慣れてます。演技に対する確かな審美眼なんて持ちあわせてないしね。
CGもよくできてるんじゃない?レビューで「ゲーム並のひどさ」ってよく書いてあるけど、素人考えでは映画業界よりもゲーム業界の方が人材が多いような気がする、よく知らないけどさ。
素っ頓狂なセリフとか散見されるのは痛いけど、脚本も言われてるほど原作無視とは思わない。それどころか途中に「ススムちゃん大ショック」が挿入されてて、昔から永井豪マンガに親しんできた身には納得。

感想は「ネットで言われてるほどひどくない」でした。
これよりひどい映画なんて世の中にいくらでもあるよ。以前何かの間違いで見てしまった平成ゴジラ映画とか。

さらに「暴徒が主人公の家を取り囲んでる場面から映画を始めればよかったのに」と強く思いました。
この場面けっこうインパクトが強かったし。
前半は密室劇にして、閉じ込められてる原因や主役たちの関係をじっくり浮き彫りにする。
観客が宇崎夫妻と娘にしっかり感情移入できたあと、3人の惨殺場面をもっと執拗に描いて「本当の悪魔はデーモンか人間か?」ってのを際立たせる。

後半は密室劇からうってかわって戦闘につぐ戦闘(お子ちゃま対象も考慮しないとネ)。CGでも何でも使ってくれって感じかな。戦闘は決着まで描かずに終了。
これなら2時間で収められそう。
以上、「ボクのかんがえたデビルマン」でした(笑)。

中学生のホームレス殺人や女子高生コンクリート殺人を例にするまでもなく、集団心理の恐ろしさは十分理解できます。
映画の中のみならず、自らがネットでボロクソに言われることで集団心理の恐ろしさを見せてくれた「デビルマン」。
もしかしたら現在の日本を正確に反映したとてつもない名画なのかも知れませんね。

↓amazonのレビューも必見
デビルマン プレミアムセット


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« 「さらば青春の光」の主人公の行方 | トップページ | ジモピーラジオ »

コメント

ぜひ次はCASSHERNとキューティハニーも見ていただいて、感想をお聞きしたいな…と(笑)
前者もボロクソ言われてたし…。

投稿: よさよさ | 2005.05.04 12:10

よさよささん(言いにくい 笑)<
ようこそ。
残念ながらその2作とも見てません。
Z級映画はなるべく観ようと思うのですが、未だにシベ超すら観ていない軟弱者です。
最近は鉄人28号がかなり熱いらしいですね(笑)。

投稿: ghid | 2005.05.05 01:54

さっき知ったんですが、 「デビルマン」が遺作になっちゃったようですね>那須監督

なんか怖いねぇ。

投稿: wataru | 2005.05.05 16:26

そうなんです>那須監督
亡くなってからはさすがにバッシングも収まったようですね。

投稿: ghid | 2005.05.06 00:14

制作会社やスポンサーの色んなエライ人のいう事を
ハイハイ聞いて作るとこうなる・・・

・・・という見本のような映画ですなw

同じ「ぼくのかんがえたデビルマン」でも
高遠るいの「デビルマンG」が
原作ファン大感涙なのと好対照w

投稿: | 2013.02.28 12:29

この記事へのコメントは終了しました。

« 「さらば青春の光」の主人公の行方 | トップページ | ジモピーラジオ »