« test2 | トップページ | 「Angels with Dirty Faces」マンダ&ザ・マーブルズ »

2005.01.30

やかんアンプ(正式名「夜間アンプ」)試奏レポート(サウンドあり)




gokiyakan1月19日にここに書いた「やかんアンプ」が家に届きました。
昨日はリハだったんでGOKIやんに音を出してもらおうと思ってスタジオに持ち込んだんですが(写真)、タイミングを逸してしまって音が出せませんでした。
仕方がないので日曜の午後にまったりと私が試奏レポートすることにします。

外観は前に書いたとおり、まんまやかんです。
フタにツマミが3つついてますが、持つところ---正式名なんていうの?あれ---ではなくてそれぞれ「ボリューム」「トーン」「オフ/クリーン/ディストーション」になってます。
出力は1W(笑)。

ただ、この1Wというのがなかなか侮れないということが音を出してみてわかりました。
フルアップにしてもボリュームは生ギターぐらいなんで、部屋の中でフルアップにするとけっこうイイ音になるのですよこれが。

yakan_micで、録音してみました。
マイクの位置は写真にあるとおり、やかんの口に向けてます。もちろんエフェクターとかは一切ナシ。

ではまずクリーンサウンドから。ツマミを「クリーン」にしてボリュームとトーンをフルにしてます。

やかんアンプクリーンサウンド
「普通」ですね(笑)。
ただ、単なるライン録りよりはイイ気がしないでもなくもない。

で、順番どおり次は「クランチ」。ツマミを「ディストーション」にしてボリューム8分、トーンをセンターにしてます。ギター側のボリュームは7ぐらい。

やかんアンプクランチサウンド
これなかなかイイでしょ?
弾いてる奴(オレだけど)も乗ってきていつもより長く弾いてます。
ヘタなのは許してださい。

そしてリードサウンド。ギターもアンプもボリュームをフルにしてます。
ちょっとソロを弾いてみたんだけどバックがないとなんだかマヌケだったんで、既成曲に逃げました。許してスラッシュ。

やかんアンプリードサウンド
・・・もしかしてPODを使ったときよりもよく録れてるように思えるのは気のせい?
これならレコーディングで十分使えるよねぇ。
最初に書いたとおりエフェクター使ってないし、音源もノーマライズ以外は一切加工してません。

ちなみにギターは30年前ぐらいのグレコのストラトモデルです。たぶん当時の値段は3万ぐらい。決してビンテージとかではありません。このころのギターってノイズが多いしハウリングも凄いんだよね。
そうそう、このときに弾いてたやつですね(あんまりちゃんと写ってないが)。

yakan_mic2で、最後にマイキングに凝ってみました。写真のとおりやかん内部にマイクを突っ込んで録ってます。音はフルアップ。
このころになるとリフが既成曲ばかりになります。レニクラよ許せ。

やかんアンプエアーサウンド
すいません、なんか後ろでずーっと「キーン」っていってるんですけど(笑)。

ということでやかんアンプ試奏レポートでした。
来週はグレートなギタリストGOKIやんが挑戦します(うそ)。

◆おまけ
Amazonでミニアンプを検索してみた


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« test2 | トップページ | 「Angels with Dirty Faces」マンダ&ザ・マーブルズ »

コメント

クランチめちゃ使えるじゃないですか!w
他はどうかなぁと思うけどw

投稿: 麻呂 | 2005.01.31 00:19

麻呂さん<
・・・ってもしかして私の知ってる麻呂さんではないですよね?はじめまして。コメントありがとうございます。
クランチ良い音なんですけど一般的じゃないかな?と思ってリード音の方を持ち上げてみました。
そろそろ製造元から感謝状が来ないかな・・・

投稿: ghid | 2005.01.31 21:14

この記事へのコメントは終了しました。

« test2 | トップページ | 「Angels with Dirty Faces」マンダ&ザ・マーブルズ »