« ドびっくり | トップページ | オカマバー »

2001.08.24

スティル・クレイジー




この映画を公開してるときは存在すら知らなかったんだけど、先日借りたビデオにたまたま予告編が入ってました。

ストーリーは単純。70年代の伝説のロックバンドが解散して20年後、現在はただのオヤジになってしまったメンバーを集めて再結成する、という話です。
話の流れどころか、出てくるであろう場面なんかもこれだけで容易に想像がつきますね。行方知らずの元メンバーを苦労して探し出したり、幸せな家庭を築いてて「もうオレは音楽とは縁を切った」なんて言う相手を説得したり、やっとのことでライブを始めても客が全然入らなかったり・・・
最後は当然コンサートの場面で大盛り上がり大会で終わるんだろうし。
「ブルースブラザース」を例に出すまでもなくめちゃめちゃありがち度100の映画だと思います。

でも見たい!
言い忘れてましたが、私、まだこの映画見てません

だって家の近所の「つたや」に置いてないんだも~ん。
マーケティングがしっかりしている「つたや」のことだから、ロック度が著しく低い江東区には配布されてないのか?などと勘ぐったりしてます。中央線新宿以西の店にはもれなく置いてあるような気がする。

たぶんここをのぞいてる人(・・・いるのか?)の中には見たことがある人もいる(か?)と思うので、感想などあったら掲示板にでも書いてくれたら嬉しいでござる。
いつか私もどこかのビデオ屋で見つけたいと思っています。

ひとつだけ心配なのは、劇中の曲がダサいとまったく入り込めないような気がすること。
以前見た「ベルベット・ゴールドマイン」はそのせいでクソの中のクソ映画でした。
カッコよかったのは90分の映画中Tレックスのニセモノバンドが出た2分間の場面だけ。それ以外はとにかく曲のヒドさが気になって気になって全然映画に入り込めませんでした。
ボウイファンは絶対に見ない方がいい映画です。

おっと気を取り直して・・・

【参考】
STILL CRAZY


コメントは各種SNSでどうぞ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




|

« ドびっくり | トップページ | オカマバー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。